眼瞼下垂症ブログ|機能的な眼瞼形成手術を追究して

形成外科専門医による眼瞼下垂症のディープな最新情報

まぶたのことでお悩みですか?

「まぶたがたるんで重い・・・・」「眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)ってなんだろう?」「どこから調べたら良いのかな?」

眼瞼下垂症(まぶたのたるみ)の治療について詳しく知りたいのに、関連する情報が見つけられにくい。ネットの情報は玉石混淆・・・・で何を信じたら良いのか?

そんなあなたのために、このウェブサイトで眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)に関する情報を積極的に公開しています。

なぜネガティブな情報もわざわざ公開するのか?と思われるかもしれません。まぶたの治療は機能的、整容的に極めて繊細な配慮が求められます。一方、最善を尽くしてもシナリオ通りにいかないことがあるのも事実です。この点を十分に理解することにより、より安全にまぶた治療を受けることができるのです。

まぶたにはセンサーがあるのをご存知ですか?

まぶたには重たさを感知するセンサー(機械受容器)があります。

まぶたが重くなる(眼瞼下垂症)と・・・センサーからのシグナルが神経を伝って顔の表情筋やうなじの筋肉、背中の筋肉を緊張させます。さらにセンサーは交感神経をも刺激します。その結果、以下のような症状が現れます。

心当たりはありませんか?まぶたのトラブルを解決することにより、これらの症状が改善することが分かってきました。

まぶたのたるみ(眼瞼下垂症)を治すには?

「眼瞼下垂症の手術ってまぶたをピッと切って吊り上げるんでしょう?」

「眼瞼下垂の治療って二重にする手術でしょう?」

 ⇑

残念ながら違います・・・

まぶたの機能を損なうことの無いよう、もしくは破綻した機能を回復すべく、より安全に眼瞼下垂症治療を行います。

主に活動している医療機関はこちら

まぶたの機能とは?機能的眼瞼形成手術(きのうてきがんけんかすいしょうしゅじゅつ)とは?

まぶたは眼球を物理的に保護するだけにとどまりません。まぶたの結膜には免疫系があり、外部からの病原体を積極的に排除します。また、神経系ネットワークにより、脳の覚醒や自律神経の調節にも関わります。

物理学、機能解剖学、神経生理学に基づいた眼瞼機能を重視した眼瞼形成手術です。

ナチュラル眼瞼形成手術とは?

元々持っている骨格や皮膚の厚み・質感、脂肪の量、筋肉の厚みを評価し、無理のない眼瞼形成手術を行います。

ノーメークでもナチュラルであり、人生を全うするまで自然な形態を維持できるデザインを追求します。

3つのことを念頭にまぶた治療に取り組んでいます。

  1. 安全性を担保すること。
  2. シナリオ通りの結果を出し、患者さんに喜んでもらうこと。
  3. 課題を持って取り組み、学ぶ機会を多く持つこと。

(1) 外科治療である以上、衛星面は絶対に担保する必要があります。執刀医、助手、機械出し看護師、手術に使用する道具、全てを完璧に準備します。一点でも欠ければ安全性は担保されないため、手術は行いません。また、人体は生き物である以上出血や腫れなどの生体反応があります。しっかり対策を図ります。

術式においても後遺症リスクが少ない技法です。再手術(修正)も念頭に入れた内容にします。2,30年後も同様の術式で再手術できます。

(2) 医療は結果が保障されるものではありません。一定割合で合併症や仕上がりに不満足が生じます。術前説明で、合併症リスクを十分に説明し、納得していただくことに努めます。一方、治療において持てる力を全て尽くし、シナリオ通りの結果を出して患者さんの喜ぶ笑顔を見たいと考えています。

術式において、再手術(修正)も念頭に入れた内容にします。さらに2,30年経過すれば相応にまぶたも歳をとります。同様の術式で再手術できます。

(3) 課題が多く残されているまぶたの世界です。一つ一つ課題を克服し、ブラッシュアップに努めます。業界での交流を積極的に図り、情報交換を行うことで新しい知見をどんどん取り入れます。

手術を受ける前に、これらの事実をよく知ってから検討してください。

まずはどちらから見てみますか?

眼瞼下垂症とは何か?知りたい

合併症・リスクをきちんと調べたい

眼瞼下垂治療を考えている方限定の7日間限定無料メール講座。1週間でまぶた専門家に。

安全な手術のために。誰も教えてくれない、見落としがちの7つのルール。

登録はこちら

よく読まれている記事

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

眼瞼下垂治療を考えている5,60代女性の方のための7日間限定無料メール講座。安全な手術のために。誰も教えてくれない、見落としがちな7つのルール

代表管理人:金沢雄一郎



まぶた治療に特化した形成外科専門医。12年間まぶた治療に専念。まぶた治療経験は1023例。埼玉県でNo.1の手術件数(DPC病院データ)の実績。

まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたいとの想いで、この個人サイトを立ち上げました。

詳しいプロフィールはこちら
PAGETOP