眼瞼下垂を分類する

眼瞼下垂症は様々な要因で起こります。単なる加齢現象だけではないのです。診断によって異なった治療方針が要求されます。

(1)先天性、後天性に分類する

先天性:生まれつきその病態や形態を持つということです。

  • 上眼瞼挙筋自体の異常
  • 上眼瞼挙筋を動かす神経のエラー (ex.Marcus Gun 症候群)
  • 瞼裂狭小症候群
  • その他(蒙古系の元々細い目もこちらに分類されることもある)

後天性:生まれた時には異常が見つからないが、何か(病気や怪我、老化)をきっかけに上眼瞼が上がりにくくなること。先天性の眼瞼下垂を除いたもの。

(2)病理学的に分類(機械論的に分類)する

”先天的”とか”後天的”の単語を考えに入れなくなってはじめて、論理的な分類ができるようになったと思われる。『Bear’s眼瞼下垂』(第4版)

筋原性:眼瞼挙筋やミュラー筋の動きが不良

外眼筋が侵されるために複視(物がダブって見える)こともある。

  • 重症筋無力症:夕方になると階段が辛い。アセチルコリンレセプターに対する自己抗体。
  • 筋ジストロフィー:筋肉自体の病的変性
  • 眼咽頭ジストロフィー
  • ミトコンドリア脳筋症:慢性進行性外眼筋麻痺を含む。ミトコンドリアの異常によるエネルギー代謝障害。
  • 原因不明の発育異常

一時的なものとして

  • ボツリヌス注射:筋弛緩
  • 局所麻酔薬:麻痺

腱膜性:腱膜の破綻で挙筋の力が伝わりにくい状態

  • 老人性、加齢性
  • 外傷や応力:ケガ、白内障手術、コンタクトレンズ長期使用、切開重瞼術、目をこする癖、むくみやすいまぶた、
  • 妊娠後:リラキシンによる膠原線維の緩み、浮腫などによる

神経原性:筋肉を動かす神経のエラー

  • 動眼神経麻痺:動脈瘤、帯状疱疹、脳梗塞
  • 腫瘍摘出後:涙腺神経切断
  • ホルネル(Horner)症候群:交感神経麻痺(外科手術、神経ブロックなど)
  • マーカスガン(Marcus Gunn)症候群
  • 多発性硬化症
  • ニューロパチー(神経炎):糖尿病、ギランバレー症候群
  • 群発頭痛:自律神経の関与か?
  • SUNCT症候群:自律神経の関与?

機械的、構造的な問題

  • 腫瘍:物理的に開瞼を邪魔する
  • 瘢痕:やけどやケガのあとで組織が硬くなり、まぶたが挙がりにくくなる
  • 異物:異物が開瞼の邪魔をする。
  • 瞼裂狭小症候群:まぶたの縦方向および横方向ともに狭く短い。
  • 眼球陥凹(目が落ち窪む事):眼窩容積の拡大。相対的な挙筋長の余り
  • 皮膚弛緩:皮膚の垂れ下がり(加齢性、前頭筋麻痺による眉毛位置の変化)
  • 生まれつき(遺伝的に)に厚ぼったいまぶた
  • 埋没法重瞼術:まぶたの動きがロッキングされる
  • その他

その他:分類しにくいもの、一過性のもの

  • 炎症による腫脹:虫刺され、打撲、アレルギー
  • むくみ:泣いた後、甲状腺機能低下、
  • 眼輪筋の緊張亢進、開瞼失行:眼瞼けいれん、錐体外路疾患