眼瞼下垂症ブログ|機能的な眼瞼形成手術を追究して

眼瞼下垂の自己診断(セルフチェック)テスト

3分でできる眼瞼下垂症セルフチェックリスト

セルフチェック。所要時間3分です。

セルフチェック。所要時間3分です。

自分が眼瞼下垂かどうか?簡単にチェックできます。試してみましょう。

自分が当てはまると思われるものをカウントしましょう。

  1. おでこのしわ(眉が上がる)
  2. 頭痛
  3. 肩こり
  4. 腰痛
  5. ドライアイ
  6. 不眠
  7. 身体が疲れやすい
  8. コンタクトレンズ20年以上使用
  9. 花粉症
  10. メークをする習慣
  11. 40歳以上
  12. 目が落ちくぼむ
  13. 膝の痛み
  14. 顎を突き出している
  15. 背中が丸くなってきた
  16. 顎関節症
  17. 不安障害

診断 (眼瞼下垂症が疑われる度合い)

10個以上:かなり強く疑われます。

6個から9個:中等度です。下記の眉ブロックテストをしてみましょう。

4個から5個:関連は弱いです。興味があれば下の眉ブロックテストをしてみましょう。

3個未満:心配ないでしょう。

眉ブロックテスト

洗面所など垂直に立てた鏡を用意しましょう。おでこの力を利用しないでまぶたを上げるテストです。

  1. 鏡に対面し、優しく目を閉じます。
  2. 閉じたまぶたの中で下を見ます(黒目を下に向けます)
  3. おでこの力を抜いてリラックスします。
  4. 眉の上に自分の人差し指を乗せて眉が動かないように固定します。
  5. その状態でそっとまぶたを開きます。

判定

瞳孔にまぶたがかかっている:眼瞼下垂症です。

この判定法の難しさは、眉を上げる癖のある人は指の力に抵抗して眉を上げてしまうことです。眉を動かさないように頑張りましょう。

判定はいかがでしたか?

不安があれば、近くの形成外科・眼科に相談しましょう。

私の診療している医療機関はこちら(全予約制)

眼瞼下垂治療を考えている方限定の7日間限定無料メール講座。

『あなたの疑問を解決する。専門医が伝える7つの心得』

登録はこちら

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

まぶた治療を考えている5,60代女性の方のための7日間限定無料メール講座。『あなたの疑問を解決する、専門医が伝える7つの心得』

自己診断テスト

代表管理人:金沢雄一郎



まぶた治療に特化した形成外科専門医。12年間まぶた治療に専念。まぶた治療経験は1023例。埼玉県でNo.1の手術件数(DPC病院データ)の実績。

まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたいとの想いで、この個人サイトを立ち上げました。

詳しいプロフィールはこちら

アーカイブ

PAGETOP