絶対に保存すべき貴重なる遺産、ムラージュ|北海道大学総合博物館

北海道大学総合博物館にムラージュがあった!

札幌の学会のついでに立ち寄った、どっしりとした石の重みを感じる建物。古びた木の床の階段。歴史を感じるその博物館はは一般に開放されており、入場料無料!札幌駅から徒歩圏。

北大キャンパスの総合博物館

歴史を感じる、北大キャンパスの総合博物館

コンテンツが充実しており、各々の学部の研究の内容、北海道大学の歴史などをダイジェストで見られる。一般向けで子供にもおすすめ。私が子供の頃にここにきたら北海道大学を目指しただろうなあ・・( ^∀^)農学とか獣医学とか興味深々である。

いろんな学部の研究を感心しながら閲覧していたその時、「ムラージュの部屋」が忽然と現れたのだ。

ムラージュ:ロウ細工で作られた人体標本

医学部のコーナーである。皮膚病をロウ細工で再現したモデル。その昔写真も満足になかった時代の医学生のための作品。

北海道大学のホームページ

絶滅宣言された痘瘡(天然痘:small pox)膿疱期の臨床像が上座に居座っている。畏怖の念すら覚える。

ムラージュの歴史

16世紀にはイタリアでロウ製の解剖模型が作られていたらしい。医学用に普及した。皮膚病に関するものが多い。医学に関連した技術とされ、ロンドンのマダムタッソー(ロウ人形館を作った)に教えたのもスイス人の医師。

日本には明治30年に伝わった。

ムラージュの作成方法

患部から直接石膏で雛型を造り、これにパラフィンとロウの混合物を流し込んで原型を得て、彩色する。

(1)皮膚に薄く油を塗る。眼は覆う。鼻にはガラスの管。
(2)ギプスを厚く塗り、固める。
(3)鋳型内面を消毒して乾燥する。
(4)内面に薄く油を塗り、パラフィンとロウと色素の混合物を入れる。
(5)鋳型内面に薄い膜が張ったところで彩色する。
(6)大量にロウを入れて裏打ちする。
(7)固まったところで鋳型から外し、細部を修正する。

手の鋳型の石膏

手の鋳型の石膏。何の疾患を表現したのだろうか?

しかし、本当の作り方は職人の秘伝によるところが大きく、現代ではその技術を継ぐものはいない。ムラージュ保存の危機らしい。

実にリアルなモデルが目の前にある。

思わず想像してしまう・・・・病気によっては、デリケートな部位にもなるその場所を型取る姿を。患者や医師たちの苦労がしのばれてやまない。

パリ大学、サンルイ病院のムラージュ博物館(Le musee des moulage)

ホームページ

ちなみに私、2006年にパリ大学のサンルイ病院、ムラージュ博物館を訪れたことがあったのだ。この博物館で国際的な皮膚科の学会が開催され、各国へムラージュ技術が広まることとなった。(以下写真5枚。)

ムラージュ博物館

薄暗い部屋に浮かび上がる無数のムラージュたち。ムラージュ博物館

予約して入場。閉じられた扉が開かれ、照明が灯された。

予約して入場。無人の部屋の扉が開かれ、照明が灯された。

リアルな標本

まだ血が通っていそうなリアルな標本

上の段の顔部分を見てほしい。生々しさがわかる。

上の段の顔部分を見てほしい。生々しさがわかる。

実際には融解して崩れつつある標本もあった・・・

実際には融解して崩れつつある標本もあった・・・

 

日本には北海道大学の他にもある?

九州大学皮膚科

ホームページにはクオリティの高い写真が108個ある。3方向からの写真。カラーチャート付き。この写真はプロの仕事。

※東京大学や名古屋大学にもあるとの情報(ウィキ):未確認です。

新潟大学、にはなかった・・。

我が母校新潟大学医学部皮膚科の名誉教授、伊藤雅章先生に直にうかがった。結論、「もう処分されました・・・」

実物大の標本が何百もあって広大な敷地を占領してしまうのです。蝋細工だからどんどん崩壊するし、これをメンテナンスすることもできないのです。学内のリフォームに伴う引越しの際に処分されました。。。。。

かなしい〜!けどしょうがない。(T ^ T)

今残している大学は頑張って残しているんですね。維持してほしい。応援しましょう!

リアルな標本

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定メール講座

「専門医が伝える、眼瞼下垂症治療の7つの心得」
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。7日間コースで一緒に勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります!
プロフィールをもっと詳しく