加齢性の逆さまつげ、眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)とは?その治療法は?

こんにちは、金沢です。

加齢性の下まぶた内反症。下まぶたが皮膚(と瞼板)ごと目の中のほうにくるりとめくれ込んでしまう病態です。どのような治療法があるでしょうか?
眼瞼内反で悲しむ女性

目がしょぼしょぼして、涙が出ます・・・目の表面が悲鳴をあげています

今回は加齢性の眼瞼内反症を取り上げます

右左どちらか、もしくは両方のしたまぶたがクルンと内反(内向きに回転)して下まぶた自体が目の中に入り込みます。

加齢性の眼瞼内反症の原因は?

  • 眼球が後退し、下まぶたの横方向のテンションが弱まる。横方向の長さが余る。
  • 下まぶたを下に引っ張る下眼瞼牽引靭帯(LLR)がまぶたの皮膚を引っ張る力が眼瞼後葉に比べて相対的に弱くなる。
  • 下まぶたの皮膚が余る。
  • 下まぶたの縁の眼輪筋の緊張が強くなる。
  • したまぶたミュラー筋の緊張が強くなり、眼瞼前葉にくらべて後葉を引っ張る力が強くなる。

これらの要因が複合的に作用します。

眼瞼内反症の問題点は?

  • 目の表面を刺激することによる違和感、いたみ・かゆみの症状
  • 涙が多く出る
  • 目やにが多い
  • 目の表面が傷つく:視力への影響
  • 眼輪筋の緊張亢進

眼瞼内反の対処法は?

  • まつげの抜去(永久脱毛も)
  • 手術

まつげの抜去は痛みはそれほどでもないようですね。ただ、自分で抜去しようとして途中で切れ、切り株になると目の表面をちくちく刺激します。眼科の医師が抜去してくれることが多いです。

眼瞼内反の手術法は?

  • 皮膚切除
  • まつげ近くの皮膚を瞼板に縫い付ける
  • 眼輪筋(瞼板前)を部分切除する
  • 眼輪筋や外し靭帯を眼窩外側骨膜へ牽引固定する
  • 下眼瞼牽引靭帯(LLR)をまつげ近くの皮膚に縫い付ける
  • 下眼瞼牽引靭帯(LLR)を瞼板から外す
  • 下まぶたミュラー筋を瞼板から外す
  • (埋没法もあるらしい)

などの手技を組み合わせます。絶対コレで治るという単一の手技はありません。。。睫毛内反症の手術と同じです。

手術の問題点は?

睫毛内反症の手術と同じです。

  • 再発の可能性
  • 過矯正(外反)
  • 傷が露出し、くぼむ
  • 睫毛乱生
  • ダウンタイム(腫れと内出血)

眼瞼外反症は避けるべき合併症です。これを予防するためにも矯正が甘めになることもあり、すなわち再発(後戻り)も起こりやすくなるわけですね。

下眼瞼内反症の患者さんをみてみましょう

頑固な眼瞼内反症です。これはつらい!目の表面が終始刺激され続けます。

  • 皮膚切除
  • 下眼瞼牽引靭帯の付け替え
  • 眼輪筋(瞼板部)の部分切除
  • 眼輪筋や外し靭帯を眼窩外側骨膜へ牽引固定

を行いました。

下まぶた内反症の治療前後の写真

下まぶた内反症の治療前後の写真。下まぶたがくるんと中に入ってしまっているのが分かる

左下眼瞼内反症の治療前後の左斜めからの写真。

左下眼瞼内反症の治療前後の左斜めからの写真。

かなざわ
下まぶたの切開瘢痕が窪んでいるのが分かります。もう少しマイルドにできたらいいなあ

治療が必要かな?と思ったら眼科を受診してください。

眼瞼内反(逆さまつげ)でお悩みのかたのために、写真を使用することを承諾いただけました。心より感謝申し上げます。(埼玉県の患者さん)

 

左下眼瞼内反症の治療前後の左斜めからの写真。

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定メール講座

「専門医が伝える、眼瞼下垂症治療の7つの心得」
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。7日間コースで一緒に勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく