眼瞼下垂の手術は片方ずつ?左右同時?

「まずは右から、そしてその1ヶ月後に左の手術をしましょう。」

「左右同時に手術しますよ。」

受診する医療機関によって、この2パターンに分かれます。(前提として、左右のまぶたの治療が必要である場合です。)

タイトルボード。眼瞼下垂の日程。

あなたはどちらがいい?

まぶた手術。左右同時、別々の日程、どちらが良い?

患者さんの社会的負担の点からは同時手術を希望されることが多いでしょう。なぜならば仕事を休む期間を最小限にしたいからです。

一方、医療機関側はあらかじめ方針を決めていることが多いです。

  • 原則片側ずつ手術
  • 原則左右同時手術

片側ずつまぶた手術(左右で別日程)

片側ずつ手術を行う医療機関に左右同時の手術を依頼しても断られることが多いようです。その理由については詳細はわかりません。

実は医師によって手術のセッティングも異なります。横から手術をする医師は右に左に移動するのが困難です。片方を仕上げてから、日を改めて反対側の手術のセンティングをします。

センティングだけの問題でないとしても、片側ずつ手術をした方が結果が確実であるという信念があるのではないでしょうか?

そのような場合は左右同時手術を無理強いしないことをお勧めします。その医療機関なりにベストを尽くすことを考えているからです。

  • 手術した方を眼帯で隠せば翌日から他人と対面できる

というメリットがありますよ。

かなざわ
私は左右同時に手術を行なっています。

左右同時まぶた手術

  • ダウンタイムを最小限にする(半分になる)
  • トータルの苦痛を最小限にする
  • 左右の所見を同時にみることが出来る

などのメリットがあります。

頭頂部から覗き込むように手術をする医師(形成外科医師が多い)は左右同時に手術をしやすいのです。

左右同時に手術をする医療機関では、別々の日程で手術をしたいという依頼があれば応えやすいかもしれません。

左右差のある眼瞼下垂症の場合

患者さんの希望

「大きい目の方は手術しなくてもいいかなあ・・・」と思えるくらいの左右差がある場合です。

この場合も

  • 片方の手術をする
  • 左右両方のまぶたの手術をする

のパターンに分かれます。

患者さんの訴えは

名無し
下がった方のまぶたを挙げたい

ということですから片まぶたの手術をするのが一見合理的です。

しかし、ある程度高齢になると、手術した方が若返ってしまうので、依然見ためで左右差が目立ちます。目の大きさが逆転することすらよくあります(不顕性の眼瞼下垂やへリングの法則による)。

したがって、その変化を見越して左右同時に手術をすることも合理的なのです。私の周りの形成外科医師はこの選択をする医師が多いです。

私の考え

左右同時手術をファーストチョイスにします。

しかし、

  • 見かけの左右差を気にしない
  • へリングの法則を理解できない
  • 不顕性(代償期)の眼瞼下垂を理解できない

ヒトは無理に勧めません。片方のみの手術をお勧めします。

また、

「左右差が出るかどうか見届けてから反対側の手術を検討したい」

というヒトも片方の手術をします。日程に余裕のあるヒトにはおすすめです。

片方ずつ治療をした患者さん

明らかに右の眼瞼下垂があります。右の手術をすると、へリングの法則が生じて左右差が逆転することが見込まれました。しかし、左はある程度しっかりまぶたが開いているのも事実。左にメスを入れるのは心の準備がまだ出来ないようです。

右の治療を行い、結果やはり左右差が逆転しました。そこで後日左の治療を行いました。

眼瞼下垂術前後の写真

結局左右とも眼瞼下垂の治療をしたのであった。

このやり方は患者さんご本人が十分に納得できます。日程に余裕のあるヒトにお勧めします。

まぶた治療の啓発活動目的に写真を使用することに同意いただきました。ご協力ありがとうございます。(埼玉県の患者さん)

追伸

左右別日程で手術をするのは眼科医院に多い印象です。とはいえ、医院を受診してみないと同時に手術できるかどうか分からないです。

別日程もアリと思いますよ。よく考えてくださいね。

あとがき

秋の訪れを感じる中、静岡の講演会と日本美容外科学会の発表の準備をしています。

人前に立つとガクガクブルブルするビビりマンの私。

「よくぞここまでやるな」と我ながら思います。

「口演を聴いてくれるヒトに最大限のプレゼントをしたい」

との思いで準備をします。

ここ!「準備のプロセス」で自分がとても勉強になるのです。成長するのが分かるのです。結構楽しいのです。

こういったチャンスをいただける静岡厚生病院や学会には心から感謝します 🙂

発表準備のためにブログの更新が滞る〜 😳

 

 

 

眼瞼下垂術前後の写真

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定無料メール講座

「専門医が伝える、眼瞼下垂症治療の7つの心得」
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。7日間コースで一緒に勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく