こんにちは、金沢です。

まぶたの手術は腫れます。ご存知の通り周知の事実です。ちょっと引っ掻いたり、蚊に刺されたり、わずかな侵襲でまぶたは腫れますよね。見た目が痛々しいこの状態と、どの程度の期間お付き合いしなければいけないのでしょうか?詳しく見てみます。

まぶた手術後のダウンタイムとは

一般的にはダウンタイムは、

downtime:機械が運転していない休止時間、従業員が働いていない期間

と定義されます。

眼瞼下垂症手術後はまぶたの腫れが必ず生じます。内出血で青くなることもあります。

腫れや内出血が自然に退いていき、落ち着くまでの期間(日数)を形成外科的に言うところの「ダウンタイム」といいます。社会復帰するまでの期間もしくは人前に出られるようになるまでの期間とも言えます。

まぶたの手術を受けるにあたって絶対に把握しておくべき重要ポイントの一つです。

このために皆さんはスケジュール作りに苦労するのです。

腫れや内出血の経過は?

2,3日が腫れのピークで、1週間後におよそ半分程度腫れが退きます。さらにもう1週間で7,8割腫れが退きます。

その後は少しずつ少しずつ腫れが退いていき、3ヶ月から6ヶ月程度(長い人は1年程度)で最終形に落ち着きます。(厳密には初期の腫れは炎症に伴う腫脹ですが、2週間経過した後の腫れは浮腫みのようなものになります。)

腫れ、浮腫み6ヶ月間の経過写真

内出血斑(紫斑)は2週間程度で紫色から黄色になり、さらに2週間程度かけて吸収されます。

内出血の写真

ダウンタイムは何日間?

社会復帰するまでの期間は何日間」とは断言できません。あなたの生活環境によります。

  • 営業などのお仕事:少なくとも1週間は支障あり。対面する相手に心配かけてしまいます。
  • 屋内でのデスクワーク:翌日からでもOK。
  • スーパーへの買い物:サングラスを着用すれば翌日からOK。
  • 車の運転:1週間程度は控えたほうがいいかも。事故に巻き込まれた時に不当な過失割合が当てられる可能性も?
  • 運動:1週間は控えるべき。

仮に、同じ腫れ方だったとしても職業や生活スタイルによってダウンタイムは異なることがわかります。

ともあれ、自分や親族の結婚式を控えていたり、旅行やイベントで写真を撮られる機会を予定していた場合はそれらのイベントが終わってからか、もしくは1ヶ月程度は余裕を持って手術のスケジュールを立てましょう。

ダウンタイムをより短くするためには以下のページを参照して下さい。
眼瞼下垂術後の過ごし方 | まぶたをまなぶ

 

 

 

2015年日本美容外科学会の「下眼瞼形成のシンポジウム」での百澤 明先生のコメントがありました。

遠方の患者さんは近隣にホテルを確保してあり、手術当日はそこで休むので腫れが少ない

つまり、中途半端に自宅から通える人のほうがダウンタイムが長いようだとのこと。やはり安静は有効のようです。

ダウンタイムの個人差

腫れの程度は個人差が非常に大きいです。

身近な人のまぶたの手術の経過を見て自分もそうなるとは言えません。

ダウンタイムが長期化する傾向のある要素として、

  • 男性
  • 眼輪筋の緊張が強い
  • まぶたが腫れぼったい(脂肪や筋肉が厚い)
  • 高齢
  • 侵襲が大きい手術(脂肪切除、眼輪筋切除、皮膚切除の量が大きいなど)
  • もともと浮腫んだようなまぶた

などが挙げられます。あてはまるかな?と思ったら覚悟を決めて下さい。

私の診療している医療機関はこちら(全予約制)

(2015年7月5日修正)

(2015年10月7日加筆修正)

(2017年1月6日加筆修正)

眼瞼下垂治療を考えている方限定の7日間限定無料メール講座。

『あなたの疑問を解決する、専門医が伝える7つの心得』

登録はこちら