術後のめやに|眼瞼下垂症

こんにちは、金沢です。

「起床時にまぶたが目やにでべっとりしている・・・」

 

眼瞼下垂術後から目やに(眼脂:がんし)が増えることがあります。

●涙液や脂腺の分泌が増えること

●目頭の涙小管から鼻へ抜けるトンネルが狭くなったこと(腫れのため)

●瞬目運動によるポンプ機能の一時的な障害(眼輪筋の一過性の麻痺や腫れのため)

などが考えられます。

3人に1人以上の頻度でこの症状が出ています。半年程度すると徐々に改善します。

眼瞼下垂術後にドライアイになる心配をされるヒトが多いですが、私見では眼脂が増える症状や流涙(涙目)になる症状の方がより多く経験されます。つまりドライアイは改善するヒトが多いです。


cc licensed ( BY ) flickr photo shared by Megyarsh



(2015年6月30日加筆修正)


ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの唯一人の管理者。まぶたのことばかり考えているので夢の中でもまぶたの治療をしています。「まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。けど我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります!