眼瞼下垂術後の視機能の変化

こんにちは金沢どす。

都をどりが催されている祇園甲部歌舞練場での開演前のお点前のひとときどす。

美しい所作で漂うお色気・・・

チケットを手配してくだはりました一力亭様おおきにありがとございます。

第58回日本形成外科学会in京都(4月8日〜10日、平成27年)

「眼瞼」のセッションで以下の報告です。

眼瞼下垂術後の視機能の変化

東京医療センターからの報告でした。眼科医と連携して33名の眼瞼下垂手術前後の視機能の変化を評価したものです。

結果は乱視の変化や屈折異常が生じたとのことです。

まぶたの治療をしている医師は、視力の変化がおこることをよく経験しています。

この発表のように眼科医と連携してデータを出されたのは非常に有意義でした。

以下わたしの考察とメモ・・・

1)実際、わたしの診療の中でも、眼瞼下垂症手術後にメガネを作り替える必要のでるヒトは存在する。術前に、視力変化がおこる可能性を説明している。原因としてオルソケラトロジー(角膜形状は外力で用意に変形する。このことを利用して視力矯正を行う治療もある)で説明がつく。また、下垂患者さんはもともと薄目でみているので視力低下に気づかず、目が開くことで遠視を強く自覚することもある。

2)実際、わたしの診療の中で眼瞼下垂症手術後に老眼が良くなり、老眼鏡を必要としなくなるヒトがたまに存在する。これについてはミュラー筋が毛様体筋を調節しているとの説(松尾清先生談)が今のところ有力か?

 

 

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定メール講座

「専門医が伝える、眼瞼下垂症治療の7つの心得」
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。7日間コースで一緒に勉強しませんか?

3 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく