眼瞼下垂治療で問題になる下位横走靭帯とは

「下位横走靭帯(かいおうそうじんたい)が発達していますね!」

眼瞼下垂の手術中にこのように言われた人がいると思います。専門用語です。

下位横走靭帯ってなに?

挙筋腱膜遠位部に横方向に走る帯状の白い構造です。lower-positioned transverse ligamentです。

(”inferior transverse ligament”はしたまぶたの横走靭帯)

ボンレスハムを縛り付けるひものように挙筋筋体や挙筋腱膜に食い込んでいることもあります。

眼瞼下垂症の術中写真。解剖を解説

解剖を解説

おなじ横走靭帯でも、近位部にあるのがWhitnall’s ligament (上位横走靭帯)です。

眼瞼挙筋は薄い膜(sheath, 腱鞘)で包まれています。この膜が凝集した(依り集まった)ものが横走靭帯と考えられます。(Bear’s 眼瞼下垂より)

挙筋腱膜遠位部では膜(腱鞘)が重積(折り畳まって)いることもあります。

組織学的な特徴を報告したもの(文献)は見当たりません。しわや指紋といった機能形態上の臨床的構造物かもしれませんね。

この下位横走靭帯は

  • 斜めに走ることもあります。
  • 複数あることもあります。
  • 隔膜側で発達していることもあります。
  • 外側は骨膜側に水平方向に、鼻側はやや奥へ伸びています。
  • ボンレスハムを縛り付けるひものように挙筋筋体や挙筋腱膜に食い込んでいることもあります。
  • 左右差のある眼瞼下垂の場合は、下がりの強い方が下位横走靭帯が発達していることが多いです。

下位横走靭帯は何をしているのか?

横走靭帯はまぶたの動きを制御しています。

上位横走靭帯は挙筋の力のベクトルを、滑車のごとく前後から上下方向へ変換する役割があります。

一方、下位横走靭帯はまぶたを眼球へ押し付けます。まばたきをする時に、目を閉じた直後に反動で速やかに瞼を持ち上げるための張力を持ちます。

蒙古系まぶた(ひとえ)ではまぶたを動かさないように固定しています。松尾清先生は「細目靭帯」と読んでいます。『まぶたで健康革命』

一方、生粋の二重の人は発達していません。(ちなみに私は中学生頃に左まぶたが二重になったが、左のほうが下位横走靭帯が発達していた。)

開瞼維持(まぶたを上げ続ける)にはブレーキとなって抵抗します。

Developed lower-positioned transverse ligament restricts eyelid opening and folding and determines Japanese as being with or without visible superior palpebral crease.Ban M, Matsuo K, Ban R, Yuzuriha S, Kaneko A. Eplasty. 2013 Jul 5;13:e37.

 この文献はあなたもご覧になれますよ。 🙂

眼瞼下垂の手術の時の処理

下位横走靭帯は開瞼の抵抗になるので切断、切除します。

この処理だけでまぶたが上がりやすくなります。

挙筋腱膜をしっかり露出する手術手技でないとこの処理はできません。

こちらには手術中の下位横走靭帯の様子が示されています。

かなざわ
さて、あなたのまぶたには下位横走靭帯があるでしょうか? 😉
手術の時の記録写真。挙筋腱膜を示す。

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定無料メール講座

「専門医が伝える、眼瞼下垂症治療の7つの心得」
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。7日間コースで一緒に勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく