眼瞼下垂手術後の白いぶつぶつは稗粒腫(はいりゅうしゅ)かも

まぶた術後の稗粒腫

まぶた術後の稗粒腫(はいりゅうしゅ)

こんにちは、金沢です。

「マブタに白く硬い点のようなしこりが・・・、これは治りますか?」

眼瞼下垂症術後に皮膚の切開線の近くにぽちっとした白い粒が出来ることがあります。かゆみなどの自覚症状はありません。

これは稗粒腫(はいりゅうしゅ;milium)です。

「ひりゅうしゅ」と呼ぶヒトもいます。

まぶたの手術が原因?

稗粒腫はまぶた手術に関係なく現れる皮膚腫瘍の一種です。しかし、ちょっとしたやけどや外傷、手術から二次的に生じる続発性稗粒腫もあります。まぶた手術後に生じたら、まぶた手術が原因の稗粒腫です。眼瞼手術の合併症の一つです。

術後間もない、創部が硬い時期に見られます。

皮膚の分泌腺の出口が塞がってしまい、角質がたまると思われます。

稗粒腫の治療は?

そのまま放置すれば数ヶ月で自然に治ります。

気になるようなら針でつついて内容物を排出します。

稗粒腫|症状や原因・診断と治療方法など – gooヘルスケア

稗粒腫

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定無料メール講座

「専門医が伝える、眼瞼下垂症治療の7つの心得」
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。7日間コースで一緒に勉強しませんか?

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく