ミュラー筋ってまぶたのどこにあるの?

こんにちは、金沢です。

ミュラー筋とは何か?どこにあるのか?そもそも何をしている筋肉なのか?眼瞼下垂でどう関わるのか?眼瞼下垂の治療でどのような影響があるのか?

まぶたにあるミュラー筋とは・・

○まぶたを持ち上げる筋肉、4つのうちの一つ (他は眼瞼挙筋、前頭筋、上直筋)

○Müller’s muscle. ミューラー筋。上瞼板筋(superior tarsal muscle)とも呼ばれる。https://en.wikipedia.org/wiki/Superior_tarsal_muscle

○下まぶたにもある。

○かつては開瞼維持(まぶたを挙げ続ける)に機能していると言われた。

注:毛様体筋の一部であるミュラー筋とは異なる。

ミュラー筋の場所、解剖

○眼瞼挙筋の末端(下端)裏から瞼板までシート状に繋がる。長さは10〜12ミリ。幅15ミリ。柔軟に伸び縮みする。ミュラー筋の裏はまぶたの結膜。下の写真では白いシート状の挙筋腱膜の裏にもミュラー筋が続いている。

眼瞼下垂の手術時のミュラー筋の写真 Muller muscle

眼瞼下垂手術の時に見えるミュラー筋 詳細は下の写真を参照

眼瞼下垂の手術時の写真。ミュラー筋を示す。挙筋腱膜と瞼板の間に見える

ミュラー筋とその周辺の解剖を示す

◯瞼板(けんばん)寄りをperipheral arcade (辺縁動脈弓)が水平方向に走る。挙筋腱膜が外されて頭側にめくられている。瞼板とミュラー筋が見える。写真では、瞼板上縁すぐ上にミュラー筋の中を横方向に蛇行する血管(peripheral arcade)が観察される。

眼瞼下垂手術の時の写真。挙筋腱膜が持ち上げれられている。

眼瞼下垂の手術時の写真 ミュラー筋の中に血管が見える。詳細は下の写真に

眼瞼下垂手術の時の写真 各部の名称

眼瞼下垂手術の時の写真 各部の名称

まぶたのミュラー筋の機能

○交感神経支配(涙腺神経の中を通ってくる)(交感神経麻痺で下垂になるよ)の平滑筋(腸管や血管なども平滑筋)からなる。

伸展受容器(固有知覚)をもつ。引っ張られると三叉神経を介して脳幹に求心性のインパルスを送る。このインパルスを通して眼瞼挙筋や前頭筋の緊張を制御。(例:涙腺神経を切っちゃうと眼瞼下垂になる)

固有知覚が交感神経を刺激して覚醒にも関わる。ミュラー筋を引っ張れば覚醒度が上がる。

○睨む目つきは固有知覚を増やす。格闘技、重量挙げ、自閉症(固有感覚を欲する)。

まぶたの病気とミュラー筋

○交感神経麻痺でミュラー筋が弛緩し、眼瞼下垂になる。

○腱膜性眼瞼下垂で腱膜が薄くのびてしまうとミュラー筋が引っ張られすぎてしまい、身体の筋緊張が強くなる。結果、肩こり頭痛腰痛がでる。

○腱膜性眼瞼下垂症でミュラー筋が伸びすぎると感度が低下し、眼瞼挙筋が収縮しなくなり、眼瞼下垂がより酷くなる。

眼瞼下垂(まぶたのたるみ)の治療とミュラー筋

○腱膜性眼瞼下垂症の治療では腱膜を修復する。結果、ミュラー筋への過度の負担が解除される。

○眼瞼下垂症手術でミュラー筋タッキングやミュラー筋前転が行われることもある。

○一方、固有知覚受容器でもある臓器なので極力触らない方が良いとの意見もある。

○埋没法重瞼術の後に眼瞼けいれん(目がしょぼしょぼするなど)が生じることがある。ミュラー筋を刺激している可能性がある。

○海外の眼瞼下垂手術の文献ではミュラー筋を結膜ごと切除する術式が散見される。私個人としては、固有知覚に影響を与えないか心配。目の開き加減の微調整は難しいだろう。

固有知覚とは?

自覚できない深部感覚。身体の姿勢や位置、負荷を感知する。骨格筋では筋紡錘、歯では歯根膜に固有知覚受容器がある。

あなたが知らずに感じているまぶたの固有知覚とは?

参考)固有知覚でない感覚、体性感覚
  • 皮膚の温痛触覚など:マイスネル小体 パチニ小体 侵害受容器・・・
  • 視覚:網膜
  • 味覚:味蕾(口の中、舌)
  • 嗅覚:鼻腔の嗅覚受容器
  • 聴覚:内耳

 まとめ

以上、徒然なるままにミュラー筋をまとめました。ミュラー筋の機能や手術時の扱いについてはいまだ未知なことがあります。今後のさらなる研究が望まれます。

ミュラー筋の写真

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定無料メール講座

「専門医が伝える、眼瞼下垂症治療の7つの心得」
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。7日間コースで一緒に勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく