挙筋腱膜の写真

こんにちは、金沢です。

まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋ってどんな姿をしているのか?術者にはどのように見えているのか?一緒に見て見ましょう。

眼瞼下垂の手術記録写真

眼瞼下垂手術の時の記録写真。挙筋腱膜。

手術の時の記録写真

緩んだ挙筋腱膜を瞼板(けんばん)へ固定しています。(3個の縫合糸で留めています。)

腱膜固定

②の写真になる

このプロセスで縫合糸を結った直後の写真になります。

このプロセスで縫合糸を結った直後の写真になる

眼瞼の解剖を解説。眼瞼下垂手術の時の写真。挙筋腱膜

まぶたの解剖

実際に術者が見ている視野は反対向きになりますよ。

他のケースも見て見ましょう

右まぶたの眼瞼下垂手術の写真。鼻側から耳側にかけて挙筋腱膜は厚くなる。

右まぶた。鼻側から耳側にかけて挙筋腱膜は厚くなる。

左まぶたの眼瞼下垂手術の写真。挙筋を栄養する血管が発達している。

左まぶた。挙筋を栄養する血管が発達しているのがよく分かる。

他院修正。眼瞼下垂手術の写真。再手術では腱膜が厚みが増していることがある

右まぶた。修正手術。再手術では腱膜が厚みが増していることがある

筋腱移行部から固定位置までの距離が大きいこともあります。

 

眼瞼下垂手術の写真。挙筋腱膜。挙筋を前転していないように見えるがこれで十分。

挙筋をほとんど前転していないがこれで十分。画像クリックで拡大

このケースなど、私の手術の特徴が表れています。前転を強めることを極力せず、抵抗成分をはずしてまぶたが開きやすくなるように努めています。飜転した隔膜で固定しています。結果は以下に。

眼瞼下垂治療前後の写真。前転を強める必要はない。

挙筋の前転を強める必要はない。

眼瞼下垂症でお悩みのかたのために、写真を使用することを承諾いただけました。心より感謝申し上げます。

まぶたのたるみ治療を考えている方限定の7日間限定無料メール講座。

『あなたの疑問を解決する。専門医が伝える7つの心得』

登録はこちら

眼瞼下垂症の術中写真。解剖を解説

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの唯一人の管理者。まぶたのことばかり考えているので夢の中でもまぶたの治療をしています。「まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。けど我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります!