間違ったメーク落としをしていませんか?それがまぶたのたるみ(眼瞼下垂)を加速します

こんにちは、さいたま市の金沢@千春皮フ科クリニックです。

毎日のメーク落としは大変!面倒。しかし、これを雑にすると大変なことに。毎日メークしていると、1年で365回。10年で3650回、40年で14600回のメーク落としになります。誤ったメーク落としをしていると・・・・・まぶたがたるんできます。
あなたのその間違ったメーク落としがまぶたに深刻なダメージを与えます!

あなたのその間違ったメーク落としがまぶたに深刻なダメージを与えます!

まぶたを老化させないメーク落としの方法を覚えれば、まぶたの老化を遅らせることができます。

かなざわ
まぶたの老化とは?そう、、、眼瞼下垂症ですね。

眼瞼下垂を引き起こす、間違ったメーク落としとは?

ゴシゴシこすることです。その結果、まぶたが緩んでたるんできます。

まぶたにとっては化粧をしないのがベストですが、そうも言ってられませんよね。

なぜメーク落としがまぶたのたるみ(眼瞼下垂)を加速するのか?

まぶたの中の構造はとてもゆるゆる(ルーズ)にできています。

まぶたを持ち上げる眼瞼挙筋(がんけんきょきん)がまぶたの縁につながります。しかし、これが手足の骨格筋のようにがっちりつながっておらず、元々ゆるゆるに繋がっているのです。

まぶたの構造

度重なるまぶたへの引っ張りストレスにより徐々にまぶたの構造が伸びてしまい、戻らなくなります。

伸びたパンツのゴム状態です。眼瞼挙筋がまぶたを持ち上げられなくなります。

コンタクトレンズ着用やまぶたをこする習慣のある人はまぶたがたるみます。

正しいメーク落としとは?

まぶたを引っ張ったり擦ったりしないことです。(間違ったやり方をしなこと😁ね)

専用のクレンジング剤やリムーバーを使ってメークを溶かす

ウォータープルーフの成分は石鹸では落ちません。無理にこすって引き剥がすことをしないように。溶媒で溶かし出しましょう。成分はアルコールやオイル、クリームなどがあります。

きめ細かく泡立てたソープで優しく洗う

溶かし出す効果を強め、泡落ちを良くし、すすぎによるストレスを減らすためです。

キメの細かい泡を作ることができますか?

キメの細かい泡を作ることができますか?

ピンポイントでは綿棒などを使う

特にアイラインなど落としにくい部位はつい擦りがち。

水気を拭う時も擦らない

タオルを優しく押し当てて水気を吸い取りましょう。

まとめ

適切にメーク落としをすることでまぶたの老化を遅らせましょう。あなたのまぶたは一生モノです。大事にしましょう。

おまけ

お湯で落とせるマスカラもあります。

落としやすいメーク材料を使うのもまぶたのたるみを予防する手段になります。

取材協力

千春皮フ科クリニックのスタッフの皆さん

追伸

ひとたび伸びてしまったまぶたのたるみは自然には戻りませんが、治療は可能(眼瞼下垂症治療)です。

専門の医療機関で相談してください。

 

あなたのその間違ったメーク落としがまぶたに深刻なダメージを与えます!

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定メール講座

「専門医が伝える、眼瞼下垂症治療の7つの心得」
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。7日間コースで一緒に勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく