まぶた手術後の腫れと内出血の期間(ダウンタイム)を最短にするには?

まぶら手術後のダウンタイムを短くする
眼瞼下垂症手術や逆さまつげの手術をすると、まぶたが必ずプックリ腫れます。青い内出血の色がつくこともあります。見た目が痛々しいこの期間をどのようにしのげば良いのでしょうか?なるべく短時間で落ち着いてくれれば社会復帰も早まりますよね。腫れと内出血の経過と、その対処法をお伝えします。
内出血のあと

内出血斑は目立ちます。最小限におさめたいですね。

ダウンタイムとは?

一般的に「ダウンタイム」の語義は、

downtime:機械が運転していない休止時間、従業員が働いていない期間。

と定義されます。なるほど、工場などの運転が止まってしまっている状態が続いている期間ですね。

一方、形成外科的に「ダウンタイム」というと、

「手術を受けてから社会復帰までの期間」と定義できます。

「眼瞼下垂症」を例にとります。

眼瞼下垂症の手術をするとまぶたが腫れます。2、3日をピークにしてその後少しずつ退いていきます。ピークの時の顔は別人です。見せられる顔ではありません。

内出血の青い色がつくこともあります。徐々に黄色に変化して吸収されていきます。1ヶ月程度で吸収されます。

以上より、腫れと内出血の様相で初めの一週間は人に会うのがためらわれるくらいの顔になっています。そのため、人と頻繁に会う仕事をしているヒトは仕事を一週間休業するわけです。

この一週間が「眼瞼下垂治療のダウンタイム」となります。

まぶた治療を受けるにあたって、あらかじめ把握しておくべき重要なポイントであることがわかりますね。

かなざわ
治療を躊躇するヒトのほとんどがこのダウンタイムが引っかかるんですよね

腫れの経過は?

手術後2,3日が腫れのピークで、1週間後におよそ半分腫れが退きます。さらにもう1週間で7,8割腫れが退きます。

その後は、少しずつ少しずつ腫れが退いていき、3ヶ月から6ヶ月程度(長い人は1年程度)で最終形に落ち着きます。(厳密には初期の腫れは炎症に伴う腫脹ですが、2週間経過した後の腫れは浮腫みのようなものになります。)

内出血の経過は?

内出血斑(紫斑)は2週間程度で紫色から黄色になり、さらに2週間程度かけて吸収されます。

私の眼瞼下垂手術のダウンタイムは何日間ですか?

「社会復帰するまでの期間」ですから、あなたの生活環境によります。

  • 営業などのお仕事:少なくとも1週間は支障あり。対面する相手に心配かけてしまいます。
  • 顔のモデル:1ヶ月は無理。
  • 屋内でのデスクワーク:翌日からでもOK。
  • スーパーへの買い物:サングラスを着用すれば翌日からOK。
  • 車の運転:1週間程度は控えたほうがいいかも。事故に巻き込まれた時に不当な過失割合が当てられる可能性も?
  • 運動:1週間は控えるべき。

仮に、同じ腫れ方だったとしても職業や生活スタイルによってダウンタイムが異なることがわかります。

大事なことが一つ。イベントを控えている人は要注意!

  • 自分や親族の結婚式を控えている。
  • 旅行やイベントで写真を撮られる機会を予定している。

などの場合は、それらのイベントが終わってからか、もしくは1ヶ月程度は余裕を持って手術のスケジュールを立てましょう。

腫れや内出血の個人差も当然ある

腫れの度合い、内出血の目立ちやすさも非常に個人差が大きいです。

腫れが長引きやすい要素・要因は、

  • 男性
  • 眼輪筋の緊張が強い
  • まぶたが腫れぼったい(脂肪や筋肉が厚い)
  • 高齢
  • もともと浮腫んだようなまぶた
  • 侵襲が大きい手術(脂肪切除、眼輪筋切除、皮膚切除の量が大きいなど)
  • 手術時間が長時間(術者の技量も影響

当てはまりそうだと思ったら覚悟してください。

内出血の程度に関しては、患者さん要因と医療提供側要因がある

患者さん要因としては
  • 出血傾向
  • 組織が硬い
  • 抗血小板薬の内服
  • 抗凝固療法中
  • 高血圧
  • 月経
  • 安静が図れない

などです。

医療提供側要因としては
  • 手術者の技術
  • 手術の器械の性能、器械の選択

です。

しかし、不確定要素も多く、ベストを尽くしても内出血の色が出ることはあります。あらかじめ覚悟してください。

かなざわ
私は、抗血小板・抗凝固療法は中断せずにまぶた手術を行なっています。中断することのリスクを天秤にかけると休薬せずに行う方がメリットが大きいと判断しています。この判断は医師によります。

ダウンタイムを短くするためにできること

  1. 頭に血が上る行為を控える
  2. 患部をクーリング(冷却)する
  3. まぶたへの物理的な刺激を避ける

以上を徹底してください。

(1)温まる行為を極力控えます。一週間頑張って。

  • 熱い湯に浸かる
  • サウナに入る
  • 激しい運動をする
  • 飲酒する

ことにより、腫れが強くなったり、内出血を助長することがあります。

上半身を起こした状態のほうが頭に血が昇りません。日中はゴロゴロ横になっているよりも、上半身を起こして活動したほうが良いでしょう。

かなざわ
左を下にして横向きに寝るのが好きな人は左まぶたが腫れやすいようですよ。

スーパーに買い物に出かけたり、職場でデスクワークするのは大丈夫です。

(2)冷却は有効。

クーリングも有効です。濡らしたハンカチやガーゼで冷やしても良いでしょう。保冷剤を利用することもあります。

※:スポーツ医学における外傷時の応急手当:RICE処置ってご存知ですか?

  • R:Rest:安静
  • I:Icing:冷却
  • C:Compression:圧迫
  • E:Elevation:挙上

炎症に対する処置としては考え方は同じです。

冷却期間は3日間から7日間(諸説あります)です。

(3)局所は極力安静に

あなたがまぶたを擦る癖を持っていたら要注意!3ヶ月は愛護的に!

  • 縫合して連結させた組織同士の癒着が外れてしまいます。縫合したキズが開く危険性もあります。
  • こする刺激で炎症も長引きます。

洗顔で軽く触る程度は支障ないですが、

  • メガネをかける
  • 冷やす
  • 抗アレルギーの点眼薬をさす

などで対処しましょう。

花粉症の症状がコントロール出来ない人は花粉症の時期は手術は避けた方が良いかもしれません。

結局は痛々しい見かけの問題

どんなに腫れてて、内出血が酷くても、本人は痛くも痒くもありません。周りが気にならなければ翌日から活動しても構いません。

カモフラージュする手段を持つのも選択肢

  • 伊達メガネ
  • サングラス
  • つばの大きな帽子
  • 上手にメーク
  • 目立つイヤリング(注意を逸らす)

サングラスは人気です。おしゃれなサングラスを探してください。形成外科外来の待合もサングラスをしたマダムが何人もいてセレブな雰囲気が醸し出されています(^ ^)

注意!術後内出血でまぶたに大きな青あざを作った患者さんが3人います。

○術後4日後に入浴して内出血しました。まぶたに「プチッ」とした衝撃を感じ、その後ぷくーっと腫れてきたそうです。 😥

○術後4日で、強く咳き込んだときに内出血を起こしました。いわゆる「お岩さん」になりました。

○手術当日帰宅して出血し、「お岩さんに」なりました。 😥  ※プライバシー保護の観点から「まぶた講座」でのみ写真閲覧可能です。

細心の注意を払ってもこのようなトラブルを起こすことはあります。3人ともその後のケアで綺麗に落ち着いています。

追伸

眼瞼下垂の手術後5日目にマラソンレース10キロ走った猛者がいました。1週間後の抜糸のときは傷の癒合が弱カッッタ〜〜〜

腫れと内出血は大丈夫でしたが。オススメしません!

 

 

内出血のあと

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定無料メール講座

「専門医が伝える、眼瞼下垂症治療の7つの心得」
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。7日間コースで一緒に勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく