眼瞼下垂術後の過ごし方|腫れと内出血を減らすためにできる3つのこと

こんにちは、金沢です。

まぶた手術後は心を落ち着かせて安静にしましょうね

まぶた手術後は心を落ち着かせて安静にしましょうね

眼瞼下垂術後の過ごし方について

眼瞼下垂治療後の1週間はまぶたがとっても腫れます。青あざが目立つこともあります。皆さんにとって負担が大きいこの期間。ハンディを最小限にするための過ごし方や注意点についてまとめました。

眼瞼下垂症手術のダウンタイム | まぶたをまなぶ

 

 

 

腫れと内出血を小さくするために出来る2つのこと

(1)「頭に血がのぼる様な行為を控えること」 😳

(2)「クーリングする」 :mrgreen:

(3)「まぶたへの物理的な刺激を控えること」 🙄

(1)運動したり、お酒を飲んだり、入浴して暖まったりするのは極力控えます。

血の巡りがよくなると、

  • 腫れが強くなる
  • 出血が起こる

というリスクがあります。

血の気の多いヒトは心を穏やかにして頭に血がのぼるのを防ぎましょうね。

上半身を起こした状態のほうが頭に血が昇りません。日中はゴロゴロ横になっているよりも、上半身を起こして活動したほうが良いでしょう。逆立ちしたり、うつ伏せに寝たりはもってのほか。

(左を下にして横向きに寝るのが好きな人は左まぶたが腫れやすいようですよ。)

スーパーに買い物に出かけたり、職場でデスクワークをすることは支障ありません。

(2)冷却は有効

クーリングも有効です。湿らせたハンカチやガーゼで冷やしても良いでしょう。保冷剤を利用することもあります。

※:スポーツ医学で外傷時の応急手当:RICE処置ってご存知ですか?

R:Rest:安静

I:Icing:冷却

C:Compression:圧迫

E:Elevation:挙上

炎症に対する処置としては考え方は同じです。

(3)患部は極力安静に。

あなたがまぶたを擦る癖を持っていたら要注意!

  • 縫合して連結させた組織同士の癒着が外れてしまう可能性があります。縫合したキズが開く危険性もあります。
  • こする刺激で炎症も長引きます。

洗顔で軽く触る程度は問題ありません。

注意!術後内出血でまぶたに大きな青あざを作ったヒトが3人います。

○術後4日後に入浴して内出血しました。まぶたに「プチッ」とした衝撃を感じ、その後ぷくーっと腫れてきたそうです。 😥

○術後4日で、強く咳き込んだときに内出血を起こしました。いわゆる「お岩さん」になりました。

○手術当日帰宅して出血し、「お岩さんに」なりました。(2017年1月追記) 😥

細心の注意を払ってもこのようなトラブルを起こすことはあります。3人ともその後のケアで綺麗に落ち着いています。

追伸

手術後1週間経過したら運動や入浴、飲酒OKです。

眼帯は必要か?(追記)

よく質問されますが、眼帯は不要です。カモフラージュ目的で装用する事はありますが、片まぶた手術の場合だけです。

 

そもそも眼瞼下垂症とは何か?知らない人はこちら

(2015年7月5日加筆修正)

(2015年9月3日加筆修正)

(2017年1月12日加筆修正)

眼瞼下垂治療を考えている方限定の7日間限定無料メール講座。

『あなたの疑問を解決する、専門医が伝える7つの心得』

登録はこちら

まぶた手術後は心を落ち着かせて安静にしましょうね

3 件のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    このサイトの唯一人の管理者。まぶたのことばかり考えているので夢の中でもまぶたの治療をしています。「まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。けど我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります!