重度の汗管腫に対してはこんな治療法があった

こんにちは、金沢です。

「汗管腫」どうにかこのキーワードにたどり着いたあなた。汗管腫の治療方法を探していますね。まぶたの皮膚に小さな凹凸が生じ、徐々に数が増えてきます。その正体とは?治療法を考えます。

汗管腫(syringoma)って何?

汗を分泌するエックリン汗腺の細胞が増殖してしこりを作る皮膚の良性腫瘍です。

-エクリン汗腺の真皮内汗管が限局性に増殖した結果、直径1〜3mm大の正常皮膚色の扁平隆起性および小丘疹が多発する。

引用:p.362 『新しい皮膚科学』初版 中山書店

男性よりも女性に多い。

機能的に悪さをする病気ではありません。放置で構わないのですが、見た目で問題になります。

汗管腫の治療は?

自然治癒はありません。外用剤や内服治療にも有効なものは残念ながらありません。

炭酸ガスレーザーは?

整容的に目立たなくすることを目的に、炭酸ガスレーザーを照射することも。炭酸ガスレーザーは凸の部位を焼き削ります。つまり平坦な瘢痕に置き換えるものです。そういう意味では根治ではありません。少数の汗管腫に適応されます。

 汗管腫|症状や原因・診断と治療方法など – gooヘルスケア

重度な汗管腫の治療は為す術がないのか?

では、沢山増えてしまった汗管腫の場合はどうなるのでしょう?増えすぎた汗管腫は互いに連なって連続するようになります。これに対してレーザーを照射したら、皮膚は瘢痕だらけになるでしょう。

かなざわ
2017年現在、重度の汗管腫に対しては、治療方法が無いというのが実情です 😥

メークを上手にするのも対処法の一つですが・・・しかし、凹凸は厄介ですよね。

 外用剤で汗管腫の皮膚表面の小じわを目立たなくするするとの情報が。トレチノインによるピーリングとターンオーバー促進効果によるもの。(2015年11月4日追記)

汗管腫にアダパレン(にきび治療薬 ディフェリンゲル)が有効である可能性について | 八丁堀 皮膚科 | スキンソリューションクリニック

重度な汗管腫の実際の治療を見てみましょう。

重度の汗管腫の写真

汗管腫が連なって進展している。皮膚も瘢痕様で硬くなっている。皮膚の柔軟性が失われ、深いシワが刻まれる。

今回のケースでは、まつげの近辺から正常皮膚のほとんどが汗管腫に置き換わってしまうほどに進展していました。皮膚が線維化して硬くなり、皺が深く刻まれています。ここまで重症になると炭酸ガスレーザーは無効です。

上下の眼瞼形成(上下まぶた皮膚切除、眼瞼下垂症手術を提案しました。

  • 皮膚のたるみをしっかりとる。
  • 眼瞼下垂の手術をすると皮膚のたるみ(余り)をより多くすることができる。(眉毛位置が下がるからですね)

という裏技です。

すべての汗管腫を取り切ることはできませんが、汗管腫が密集した重度な部位を取り除くことはできます。

手術の所見では、予想通り皮膚が硬く瘢痕化していました。その硬い瘢痕の中を細かな血管が走っており、優しい手術ではありません。通常のまぶたの手術の1.5倍の時間がかかりました。

汗管腫の完治には至りませんが、まぶたが多少すっきりとしました。

汗管腫の手術前の写真

汗管腫の手術前

汗管腫の術後の写真

汗管腫の術後一年

重度の汗管腫に対しては、手術はある程度は有効と思われます。

あなたがもし、

  • 肩こり頭痛もち
  • コンタクトレンズを長年使用している
  • メークをする習慣がある

に該当すれば眼瞼下垂症の可能性もあります。眼瞼下垂症手術で目元をクッキリさせるのも、汗管腫に対するアプローチ方法のひとつです。

かなざわ
あなたの汗管腫は広い?炭酸ガスレーザー治療が可能かどうか、一度は診察してもらいましょうね
  • 年齢:**
  • 性:女性
  • 手術:両側の挙筋腱膜修復術 両側の下眼瞼除皺術
  • 皮膚切除:あり
  • 脂肪切除:隔膜とPSFは著明に発達していたのを減量
  • lateral horn リリース:half
  • 下位横走靭帯:左右とも太く発達、切除した
  • 挙筋腱膜の滑り:右:0 1(2)3 4 左:0 (1)2 3 4
  • 挙筋前転:右:少し 左:微量
  • ミュラー筋処理:左右ともなし
  • 手術時間:2時間10分
  • 皮膚が硬い。エピネフリン効きにくく出血滲みやすい。

汗管腫でお悩みのかたのために、写真を使用することを承諾いただけました。心より感謝申し上げます。(埼玉県の患者様)

(2017年1月加筆修正)

汗管腫斜めから

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定無料メール講座

「専門医が伝える、眼瞼下垂症治療の7つの心得」
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。7日間コースで一緒に勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく