こんにちは、金沢@おおたけ眼科です。

手術に使う道具ってどんなものか見てみたいと思いませんか?よし!小物撮影に挑戦です! 🙂
  • カメラ:canon EOS6D
  • レンズ:canon EF100mm F2.8L マクロ IS USM
  • フラッシュ:スピードライト600ex-rt
  • 対象:へガール持針器、アドソン鑷子、縫合用針糸
  • 小道具:ベルベット生地の布(黒)、木のキューブ いずれも東急ハンズ(池袋)で購入。
持針器とピンセット

持針器とピンセット 1/80s f/8.0 ISO800

1/80s f/8.0 ISO800 バウンス発光 斜俯瞰

  • ベルベットにしわを寄せたら雰囲気がでました。
  • 持針器が明るくなりすぎ。しかし、露出を落とすとベルベットが真っ黒になってしまった。光の当て方の問題だろうか?
  • ホコリが気になりますね。丁寧に拭ったほうがよかった。
針を持つ持針器

針を持つ持針器

1/80s f/8.0 ISO800 バウンス発光

先端のアップ。針はこのように把持されます。右利きのヒトは針先が左上を向きます。

持針器を持つ手

持針器を持つ手

1/80s f/8.0 ISO100 バウンス発光

手で持針器を持っている姿を自撮り。硬い光が当たらないとメタリックな感じが出ないことが判明しました。

このカメラのセッティングではこれ以上離れられませんでした(左手でカメラのシャッターを押した)。100mmの焦点距離では限界。

スタッフに持ってもらってパシャ。こちらの方がサイズ感わかりやすい。

可愛らしい小型の持針器。細かい作業に向きます。

可愛らしい小型の持針器。細かい作業に向きます。

1/400s f/2.8 ISO640 バウンス発光

以上、小物撮影でした。 🙂

 

 

 

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定無料講座。1週間でまぶた専門家に。『専門医が伝える、まぶた治療の7つの心得』非公開写真もあります。一緒に勉強しませんか?

持針器とピンセット

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく