粉瘤(ふんりゅう)の切除の傷をもっと小さく

粉瘤(ふんりゅう)の治療

粉瘤のイラスト

粉瘤は外につながっている

粉瘤とは?

皮膚良性腫瘍の一つです。ころっとした皮膚のしこりです。皮膚のあるところどこにでも(髪の毛の中や足指の間も)できます。アテローム、アテローマ、表皮のう腫などとも呼ばれます。

毛穴が詰まるなどして皮膚のすぐ下にしこりが育ってきます。

袋の構造をしており、皮膚の代謝物である角質や分泌物が皮膚の袋に溜まっていきます。

表の皮膚と繋がっていて、内容物(粥状物と表現される)が表に漏れでてくることもあり、チーズのような匂いを発します。

放置すると

  • どんどんサイズが大きくなる
  • 袋がやぶけて異物反応をおこして炎症をおこす

というトラブルを引き起こします。

  • 大きくなるのが心配
  • 炎症を起こしたことがある

という人は治療を考えた方が良いでしょう。

どんなヒトにできる?

誰にでもできます。体質によるところが大きいです。男女差なし。年齢も関係なし。生活習慣も関係なし。同じ屋根の下で同じリズムで同じものを食べて生活していても、できる人はできるし、できない人はできません。

粉瘤の治療方法

基本は摘出手術です。よほど大きくない限り局所麻酔で日帰りで可能です。

残念ながら飲み薬や塗り薬で根治させることはできません。

手術の問題点

  • 再発が起こりうること
  • 傷が残ること

粉瘤は些細な傷がきっかけでできることがあるしこりです。したがって手術という行為自体が次世代の粉瘤を(同じ場所に)作る可能性があります。もちろん袋の取り残しも再発の原因になります。

傷を小さくできないか?

 「手術をすれば傷が残る」

これはヒトの宿命です。努力できる点があるとすれば

「いかに目立たなくするか?』

につきます。

その手段のひとつが小さな切開です。

形成外科医師も、みなさんのためにいろいろ工夫していますよ。

私の手術の動画をご覧ください。生々しさを減らすためにモノクロにしてあります。

この術式は一風変わっています。わたしの師匠(小泉正樹医師)から教わった術式です。

袋よりも小さな切開から摘出する方法です。コツは途中で被膜(カプセル、袋)を破くことです。

袋の中身を取り出せばしこりが小さくなるので、小さな切り口から引きずり出すことができます。

 

もし炎症を起こしてしまったら?

結構痛いです。真っ赤に腫れてきます。

  • そのまま粘る
  • 皮膚切開する

の選択を迫られます。

局所麻酔をして切開し、内容物を出してしまうと炎症がはやくおさまります。

かなざわ
なやむのが週末などの連休前ですね。医療機関がお休みだと対応してもらえません。週明けまで我慢するか救急外来に駆け込むしかありません(もちろん連絡してからね)。週末にさしかかっていたら切開した方が安心して週末を過ごせます。
切開しただけでは再発しますので、取れる範囲で袋の摘出を試みることもあります。
粉瘤のイラスト

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定メール講座

「専門医が伝える、眼瞼下垂症治療の7つの心得」
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。7日間コースで一緒に勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります!
プロフィールをもっと詳しく