眼瞼下垂症の手術体験手記。補足説明付き。

眼瞼下垂症の手術を受ける 松尾法

眼瞼下垂症診療をしていると、患者さんから様々な報告を受けます。肩こり・頭痛の変化にはもう驚きません。ですが、腰痛や膝の痛み・不眠が改善、手の震えが収まった・・・・など、予期せぬ変化報告を受けるにつけ、自分も体験したいとの思いが強くなるものです。そして、信州大学形成外科学教室松尾清教授にお願いして、松本で眼瞼下垂症の手術をしてもらう事となります。

あらかじめ準備したこと。暖かく受け入れてくれた先生方との出会い。危惧されるダウンタイムとの付き合いとその覚悟。想定していなかった感覚。反省点などをテーマとして、松本での眼瞼下垂症の手術体験を綴ります。

2009年12月某日 まぶた治療のメッカ、信州大学のある松本へ

ワイドビューしなので夜8時半に松本駅に到着。新鮮な空気を吸い込もうとしたら酒のにおいが鼻腔を刺激した。飲み会帰りと思われる若い衆3人組が自分の前でエスカレータを降りている。

駅前に降り立つと凛とした空気に包まれる。闇とネオンのコントラストが強くて美しい。松本に来るのは3度目だ。この空気感には、誰も踏み入れられることのない奥地の湖に佇む硬質で澄み渡る真水のような透明感を覚える。

ダウンタイムを想定して、年末に予定。仕事オフの年越しでしのぐ算段。

本来の松本の気候を考えれば幾分か暖かいようだが、凍える感じを覚え、コートの前を半分閉じる。徒歩数分でホテルに到着した。

近くのコンビニエンスストアに買い出しに直行。その日の晩用にマスカットベーリーAの360ミリリットルワインと揚げ出し豆腐、そして明日の帰室後に備えてカロリーメイト、飲むゼリー、ミネラル水を購入した。

術後も当ホテルに戻る予定。手術後は外出したくないので手術日の夕方の食事を準備しておく。

自宅より持参したものは

サングラス、帽子(腫れた顔を隠す目的)

ガーゼ(術後に患部を湿らせたガーゼで冷やすため)、ガーゼを固定するメッシュの荒いネット

早めに床についたものの心臓の高鳴りを感じてときどき目が覚めた。期待と不安が入り混じる。

いよいよ手術日当日を迎える

いざ病院へ

6時の携帯電話のアラームで覚醒良好。しばらく入浴できないと考え、ゆっくり入浴して身支度を調え、出発。タクシーで信州大学医学部へ向かった。

まぶたの手術後は熱い湯船につかるなど、頭に血がのぼる行為は一週間程度は控えた方が良い

運転手ととりとめのない話をした。知らない土地ではタクシーの運転手は貴重な情報源である。程なくして、メーターが始動していないのに気づいた。!?トラブルの予感を感じた瞬間に信州大学医学部に到着した。運転手が「メーター倒し忘れた!」と慌てていた。単なるおっちょこちょいさんだったようだ。料金の目安がタクシー乗車場に掲げられていたのを乗車前に見ていたので、その料金を申告して支払い(1300円)下車した。

信州大学病院形成外科学教室

信州大学形成外科学教室の年季を感じさせる看板

信州大学形成外科学教室の年季を感じさせる看板

仄暗い階段と廊下を伝い歩いていくと、信州大学形成外科学教室の掛け看板が目に留まる。手術の予定は夕方だった。せっかく訪れるのだから手術見学もしたいと思い、あらかじめ連絡を取って丸一日お邪魔することにしていたのだ。

松尾清教授にお会いした。肩を丸めた悠然とした挙動は相変わらずである。私の入院の準備をして頂いていたようである。心遣いに感謝しつつもホテルをとってある旨をお話し、日帰り手術に変更していただいた。

眼瞼下垂症の手術は入院で行うこともある。特に遠方から来る患者さんの術後の安静を考慮すると入院できると安心である。入院の可否は医療機関による。
教授回診に参加。

救命救急科の部長が病棟で業務をしている。3日前に眼瞼下垂手術をしたらしい。まぶたはぷっくりと痛々しく腫れていた。この3日間はとてもよく眠れたらしい。彼は手術する前は夜間の喘息発作で時々目が覚めていたらしい。

眼瞼下垂のヒトは目を奥に引く傾向がある。するとアシュナー発作という副交感神経刺激症状がでやすくなり、喘息症状がでる。手術後には眼球を引っ込めなくなるのでアシュナー発作が起きなくなる。そのために呼吸が楽になる。

自分の紹介状を提出して初診手続きをした。松尾清先生の愛弟子、伴緑也先生が付き添ってくれた。外来棟は綺麗だった。5月に完成したばかり。新しい病院は手続きもシンプルで分かりやすい。ちなみに以前の外来棟は狭い天井とくすんだ壁でヒビだらけだった。昭和を感じさせる、レトロな床屋のあのくるくる回る看板(サインポールと言うらしい)もあったのが思い出された。

大学病院は紹介状を必要とすることが多い。
手術見学

自分の手術までの時間はたっぷりある。松尾清先生の手術見学をする。

はじめの手術は再手術症例。10年以上前に某有名形成外科医により2回ほど下垂手術を受けたとのこと。大腿からの筋膜移植か真皮移植?を受けていたらしく、前回は瘢痕切除と腱膜固定を施行したが術後眼が開きすぎるのが気になる(瞳孔上縁だが)とのこと。開瞼幅を小さくするべく横方向の突っ張りを再度作成する手術となった。右は挙筋腱膜が存在し、腱膜固定を外して腱膜の外角を縫い付けるようにした。左は挙筋腱膜自体が不明瞭で、瘢痕組織を瞼板前で剥離して外側方向へ緊張を作るように縫合糸で縫い付けた。たぶん痙攣があるのだろうとのことだった。

いわゆるまぶた難民である。各地の医師から匙を投げられた患者さんである。

手術1件目終了。昼食を摂り、病棟に戻り、自分の手術の説明をしてもらった。松尾先生は慣れた手つきでイラストを書きながら(何千回とこのイラストを書いているのだろう)説明して下さった。サインをした。あっけない・・・

手術を受けるには同意書が必要。契約書のようなものだが、医療というのは不確実性を持つもので結果を約束するものではない

2例目は看護師さん。眼瞼けいれん手術。眼輪筋隔膜部の切除(コンポジット切除)を行う。右眼輪筋を切除したら右鼻腔の通りがよくなったと。アシュナー反射消失によるものらしい。挙筋腱膜外角、内角をリリース。腱膜固定施行(内側より3点)し、重瞼作成。何度か抜針して修正した。内側の重瞼引き込みは浅くするのがいいらしい。

眼瞼けいれん手術は変遷している。眼輪筋切除は窪みを作ることもある。最近はミュラー筋を処理することでけいれんを制御する試みも

さて、自分が手術を受ける番になった。

未知の体験ゾーンへようこそ!ドキドキ・・・

手術着のまま手術台に座って幾枚も写真を撮った。まぶたにおもりをつけて上方視など。仰向けになったらまな板の上の鯉。手術デザインをして麻酔(1%エピレナミン添加キシロカイン各々3.5ミリリットル)。左右それぞれ10数カ所打ったか?30G針だがチクチクする。やはり内側(鼻側)は痛い。注射が終わったら先生方が手を洗い、ガウンを装着。わたしの顔をイソジンを含んだエタノール液のようなもので消毒した。顔がスースーする。顔面に手術用シーツをかけ、おもむろに手術が始まった。

局所麻酔。歯科麻酔と同じで手術する場所の無痛を得る目的。手術部位に注射して薬液を浸透させる。薬液に血管収縮薬も添加されており、手術時の出血を最小限にする。

注射してから場の消毒。この順番は医療機関、医師による。注射が十分に効くまでの時間を確保することを考えると先に麻酔注射した方が合理的。
手術

出血をぬぐっているであろう、ガーゼでぐっと抑えられるの強く感じた。ガーゼのがさがさ感がよく伝わってくる。照明がまぶしい。腱膜を固定するあたりまでは痛みは感じない。筋鉤(L字の金属板)が入ると目の奥がずしんと重く感じられた。ぐっと抑えられるとどうしても「ううっ」となって緊張してしまう。左は下位横走靱帯があったが、右はなかったようだ。実はわたし、生来左が下垂していた。左の眉が挙がる。左まぶたは横走靭帯が発達しているだろうとの予想は的中した。

金沢幼少時

金沢幼少時。左目が小さい。

下位横走靭帯:細目靭帯と松尾先生はいう。横方向にハンモック状につっぱっており、まぶたを持ち上げる抵抗になっている。

松尾清先生と伴緑也先生がいろいろと話しかけてくる。「肉食ですか?草食ですか?出血の仕方で食生活がわかりますよ・・」などと、朗らかに手術が進行する。

外角は完全には外さず、縫合する緊張を解くために切開を少し入れたようだ。何度かまぶたを開けるよう指示された。上を見たり。目の奥の突っ張る感じが強い。40分過ぎた頃からちりちり痛みを感じ始めた。不快な痛みではない。余った隔膜を高周波ラジオ波メスで焼き切りとるあたりとか痛い。皮膚縫合もちくちくした。終わったら坐位になって確認。終刀(手術終了)となった。

痛みは主観的と言われる。不安を感じなければ大丈夫。

下まぶたが突っ張って目玉が抑えられる感じ。着替えて形成外科外来に移動し、消炎鎮痛薬をのんで患部を冷やしながら休憩した。

下まぶたのツッパリ感は多くの患者さんが感じる。麻酔が切れる頃に治る。

ホテルへ戻る

会計が終わったら伴緑也先生と一緒に病院を出た。ホテルまで搬送して下さった。すっかり日が沈んで辺りは真っ暗。車窓から臨む、松本の繁華街の夜の景色がひときわ美しかったが、夜の街に繰りだそうという意欲はさすがに無い。

その日は枕を2個使って壁にもたれかかり、ネットと濡れたガーゼでクーリング。消炎鎮痛薬を内服していたためか痛みは全くない。局所麻酔が切れたら下まぶたのつっぱり感も消失した。

濡れたガーゼを直接当てる目的は二つ。クーリングと血を吸い出すこと。ガーゼはよごれたら交換する。

手術翌日、おとなしく帰宅の途に

松本駅から乗鞍岳を望む。私のまぶたもクールになる。

松本駅から乗鞍岳を望む。私のまぶたも冷やされる気分。

爽快感

何かとお世話になった伴先生に感謝メールを送信。朝9時過ぎの松本発ワイドビューしなのに乗車。傷の痛みは全くなし。食欲もあるし身体は元気。

しかし、何だろうこの爽快感・・・カフェインの強いコーヒーや感冒薬を飲んだ後の覚醒感?に似ている。

視界がクリアで頭もスッキリする。脳みそを再起動させたというか、クリーンインストールした直後のコンピュータのよう。この感覚は想定外!

そして肩こり持ちだったわたしの肩は今フニャフニャである。肩関節と首の間を押すと筋肉が柔らかすぎて肺の先端を触れてしまいそうだ。正直少し怖い・・・・

まぶたはまだ腫れており、目が大きく開くわけではない。しかし、まぶたによる症状の変化が翌日でも実感できる。

覚醒度が上がり、身体の調子がハイパーになる。1ヶ月程度続くがそれを過ぎてより戻しを感じる人もいる。

帰宅後、シャワー浴。まぶたのフチの感覚が鈍いので、目を閉じきった感覚が分からない。洗髪も慎重に。洗顔も優しく。水気を拭う時は鏡を見ながら。

まぶたのフチの目を閉じる筋肉の動きが弱くなっているので目を閉じるのが遅れ気味になる。石鹸で洗顔をすると目に入ることもあるので注意。1ヶ月程度で動きが回復する。
術後一日

術後1日。あおたんが痛々しい。

手術2日後、腫れもピークに

腫れのためにまぶたが重い。大きく開けようとしたり上方視(上を見る)すると眼の奥が突っ張る感じがする。

目を閉じるとすーっと眠くなる。ぬれガーゼで軽く冷やすと気持ちいい。午前中に家族でショッピングへ外出。身体が温まり、キズがじわじわ熱っぽく感じられてきた。昼食後に帰宅してまた冷却。

まぶたを閉じると脳の機能がオフになる。不眠を抱えた眼瞼下垂患者さんが治療後に睡眠の質が改善することがある。

21時過ぎくらいからまぶたが軽くなり始めた。鏡を見た。幾分か腫れが退き始めているようだ。

手術3日後、気持ちに余裕が出てきた

持ち帰った信州ワインロゼ(アルコール8%)を試飲。この程度のアルコールは問題ないようだ。縫合糸が皮膚を刺激してツンツンする。腫れのためかやはり突っ張る感じがする。

糸で縫って傷を閉じている。この糸は1〜2週間の間に抜き取る。糸の切れ端が表に出ており、二重の谷間に挟まれている。糸の切れ端が皮膚をツンツン刺激する。

手術4日後、飲んじゃった(真似しないで)

家族で集まり宴会。ビールと酒と焼酎とたらふく摂取。だって正月だもの。

胸の凝りを感じない。胸を張るとバキッと胸骨のあたりから音が鳴っていたものだが、術後から全くない。「胸こり」わかる人いるかな?胸骨の脇の肋間(肋骨と肋骨の間)に指圧で重く感じるところがあるのだ。やっぱり胸こりも筋肉の緊張から来ていたのだなあ。

一週間は飲酒を控えましょう。辛いものを食べて顔が赤くなる人は辛いものも控えましょう。

手術5日後、まだまだ腫れあり

まぶたのフチの、腫れた皮膚の知覚が鈍い。シャワーをするときに気になる。顔の水気をさっと拭えない。

朝より夕方のほうが腫れが退いている印象。まぶたを閉じると急速に眠りに落ちる感じがする。明朝4時に千葉(職場)へ出発だ。

反省点:一日一日さらに、朝夕でもカメラで記録を撮っておくべきだった。まぶたの手術を控えているヒトは自撮りの練習をしておきましょう。なるべく同じ条件で撮れるように。

手術6日後、腫らしたまぶたで仕事へ

大学で病棟回診。だてめがねをかけているが病棟師長に「手術したの?」といきなり言われた。興味津々のようだ。

胸部のばきっという音が再発した。肩こりは3割減というところか。

手術7日後、まぶた手術を執刀するが調子いい

当直あけ。夕方になるとまぶたのフチの赤みが幾分か落ち着いてきた。痒みを感じたので鏡を見ると皮膚縫合の糸が皮下に少し埋まってる部分があった。研修医に左右1本ずつ抜糸してもらった。午後に眼瞼下垂とハント麻痺後遺症の2件の手術をした。いつもならぐったりと疲れているはずが夕方でも元気。

術後一週間

術後1週間。腫れが退いて来た

一週間くらいすると縫合の糸の刺激でまぶたが痒くなってくる。

手術10日後、抜糸

同僚に抜糸してもらう。目頭側が引っ張られる感じが強い。

全て取れたらすっきりした。

一連のまぶた治療で、痛い瞬間があるとすれば初めの麻酔の時と抜糸の時

手術3週間

皮下出血斑(あおたん)も吸収されて落ち着いた。

浮腫みはあるが気にならない。

術後3週間

術後3週間。赤みはまだまだあるが目を開けていれば全然目立たない

 


以上が手術を受けた時の手記であります。35歳でした。

年齢的にはベストのタイミングだったかも。たるみ取りも不要で、形態が落ち着くのも早かったです。

かれこれ7年以上経過していますが、肩こりは半分程度後戻りを感じます。運転の疲労が少なくなり、渋滞に巻き込まれても焦燥感を感じにくくなりました。

創部はシクシクと痛みを感じることも一年に数回あります。

左眉が挙がる癖はまだ残ります。左眼瞼下垂は気がゆるむと若干出ます。

皮膚の知覚鈍麻は回復していますが、もともとどの程度知覚があったか覚えていないので何%回復したかは不明です。

貴重な体験ができたことを松尾清先生と伴緑也先生に心より感謝申し上げます。

追伸

かなざわ
現在の私のまぶたのきずあとです。
私のきずあと

私のきずあと。クリックすると拡大します。矢印が傷の始まりと終わりです。うっすらと白い線があります。

さて、次はどちらへ?

金沢雄一郎の気ままな学術活動を見てみる。

私が訪問した他の医師を見てみる。

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定無料メール講座

「専門医が伝える、眼瞼下垂症治療の7つの心得」
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。7日間コースで一緒に勉強しませんか?