刺激的なマラソンコース?写真で見る国営武蔵丘陵森林公園

埼玉県にある国営武蔵丘陵(むさしきゅうりょう)森林公園

通称:森林公園(ウェブサイト)

広大な敷地にマラソン(ランニング)コース(5キロと10キロ)がある。

以下のような人にお勧め。

  • 信号に邪魔されずにまとまった距離を走りたい人
  • 坂の上り下りの筋肉に刺激をいれたい人
  • 景色が変わらないと飽きて途中で走るのをやめたくなる人
  • 仲間と走る企画をしたい人

東京ドーム65個分の広さ。入園口が4つ(南口、西口、北口、中央口)。

マラソン10キロコースの紹介

森林公園南口の写真

森林公園南口

南口から入場(410円。駐車代金620円)なんと、スタート地点まで1.5キロほど歩かさせていただく!スタート前に自然にウォーミングアップさせてくれるなんて優しい設計ですね( ◠‿◠ )。

車で来園できる人は「中央口」がいいかも?(未確認)(公共交通機関ではアクセス不能)。

園内マップのページでコースマップ(PDF)をダウンロードできます。初めての人はプリントしていきましょう。

特徴

  • アップダウンが激しい
  • 景色がめまぐるしく変わる
  • トイレと自販機は多い
  • アスファルト、土、砂利道がある
  • アフターで温泉に寄れる

コースをめぐる

ロッカールームの場所。

ロッカールームの場所。マップは本家ウェブサイトの最新版を確認して

スタート地点のぽんぽこマウンテンのある広場。まずはトイレの建物にあるコインロッカー。100円。男女別スペース。ランナーにとってはとっても助かる設備。知る人ぞ知る秘密基地。

ロッカールーム

シンプルなロッカールーム。殺伐としていないとも言えない

スタート地点は広大に開けた広場。

スタート地点

スタート地点。この後に地獄を味わうとは知る由もない

いきなり地雷出現。直前に香りを感じたので回避できた。

銀杏

頭上注意。じゃなくて足下注意の銀杏ちゃん

標識

随所に標識がある。10キロコースは赤の矢印にしたがって。

睡蓮

睡蓮の花。花が多くて癒される

コース

木漏れ日の中をひた走る。空気が澄んでいる

砂利道

砂利道

時にゴロッとした石を踏むのだ。これが痛い。

スズメバチ注意のサインを見かけた。その標識の写真を取ろうとしたら「ブーン」という音を耳元に感じたので早々に退散した。

ドッグランのスペース。「きゃんきゃん」と犬の声が聞こえてくる。

ドッグランのひろば

平日だから?空いてます。

再びトラップが。着地場所を選びながら・・・トレーニングになる。

道に落ちてる栗

いがぐりさんたちが寝そべってます。

あまりに勾配が強いところはスイッチバック式。車両が前進、後進を繰り返しながらジグザグに上り下りする構造。このカーブ。傾斜と強い曲がりの合わせ技できつい!

一生懸命に登ったら、今度は急勾配の下り坂。せっかく位置エネルギーを蓄えたのに、ブレーキかけながら「おっとっとっ」と下る。エネルギーを無駄遣い・・・

スイッチバック式の坂

スイッチバック式の坂。

公園らしく、きれいな緑の絨毯が。レジャーシート広げてお弁当食べたい。

たまに開ける視界

たまに開ける視界

重そうなカメラを下げた入園者さんとすれ違う。挨拶をすると返してくれる。ちょっと元気になるから嬉しい。

アフターは温泉で一服

なめがわ温泉 花和楽の湯

南口から車で5分ほど。汗を流してゆっくり体を癒す。ごろ寝スペースでヨガの亡骸のポーズ。リフレッシュ!

1080円。

なめがわ温泉 花和楽の湯

なめがわ温泉 花和楽の湯

 

森林公園マラソンコースを紹介するサイト

時計を忘れて走りに行こう

クロスカントリーコースも紹介。

余談

無謀にも3周に挑戦。もう少しでゴールというところで足が止まり、リタイア。脱水かなあ?あと1キロ半の表示を見て頭から血の気が引くのを感じた。吐き気を覚えた。

コース自体は楽しいので脳の疲労は少ないが、身体は悲鳴をあげた。

10月としては異常な暑さ。29度。油断した。汗の結晶(塩分)がカラダにまとわりつく。

腕の塩の結晶

手も足も、全身がざらつく。

これは相当電解質喪失してる。サプリ3粒しか摂取しなかったし、ドリンクも300ミリリットルくらいしか取らなかった。不覚( ;  ; )。いい勉強になった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイッチバック式の坂

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定メール講座

「専門医が伝える、眼瞼下垂症治療の7つの心得」
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。7日間コースで一緒に勉強しませんか?

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります!
プロフィールをもっと詳しく