眼瞼下垂症完全ガイド、第1弾です。

「眼瞼下垂症の治療でどんなメリットがあるのか?デメリットはないのか?」

 「それほど眼瞼下垂症の治療って良いものなの?」

少し心配というか、疑問がありますね。

「眼瞼下垂(がんけんかすい)」という言葉、馴染みがないですね。この言葉、ご存知でしたか?最近周りで眼瞼下垂の治療をしたという人いませんか?

平たくいうと「まぶたがたるんで下がる」ということです。

まぶたが下がると視野が狭くなります。

試しにうす目(目を細くして見る)にしてみましょう。
いかがでしょうか?

• 視野が狭くなる

• 目に入る情報量が減る

その結果、日常生活に障害を生じます。

• 運転が危ない
• 街を歩いていても標識が見えない
• 危険物の察知も遅れる

でも、それだけではないのです…

 肩こり・頭痛はありませんか?

眼瞼下垂によって、肩こり・頭痛になる??

まぶたが下がると、あなたのカラダはこれに逆らって目を見開こうとするのです。

• 視野を広くしたい

• おでこの力で眉を持ち上げる。
• 顎を突き出して下目使いモノで見ようとする。
• 眉間にしわを寄せて目力を強くしようとする。

そう、余計な筋力を動員します。その結果、カラダに無駄な負担がかかるのです。

その結果、肩こり・頭痛、目の疲れ、カラダの疲れをもたらすのです。

【眼瞼下垂症治療のメリットは?】

まぶたのたるみを修復します。すると、視野が広くなるだけでなく、今まで動員されていた過度な労力から解放されます。

• 視野が広くなる
• 肩こりが改善する
• 頭痛の頻度が減る
• おでこジワが減る
• 姿勢が良くなる
• 自律神経のバランスが改善する

といった、複数のメリットが実感されます。

1週間後の抜糸の時にはその効果が見えているのです。

早い人は治療直後から!

杖をついて歩いてきた高齢女性、治療後は杖なしで歩いて帰ったということもありました。

「治療前後の患者さんの動画」を中間に置いてあります。時間のある方はご覧ください。

【眼瞼下垂治療のデメリットは?】

眼瞼下垂症手術は医療行為です。

• 切ります
• 腫れます
• 併発症(合併症)もあります

100%安全な医療行為はありません。シナリオ通りにいかないこともあります。

まぶたは見た目においては極めてデリケートな場所ですよね。そのリスクについてはまた後ほど…

「眼瞼下垂症手術の驚くべき効果とは?」いかがでしたか?

・まぶたがたるむ(眼瞼下垂になる)と視野が狭くなるだけでなく、カラダの不調の原因になることはご存知でしたか?

・まぶたのたるみを解決すると視野が広くなるだけでなく、カラダの不調が改善する可能性があることはご存知でしたか?

・知っていたとしたら、それはどんな媒体から得た情報ですか?知人、テレビ、雑誌、新聞、インターネットですか?

さて、後半は

「自分は本当に眼瞼下垂症なのか?病院に行かないで自分を診断する方法」です。

眼瞼下垂治療のメリットを享受したくても、あなたが眼瞼下垂でなければ治療の対象にはなりませんよね。

 

 

 

【自分は本当に眼瞼下垂症なのか?病院に行かないで自分を診断する方法】

眼瞼下垂治療のメリットを享受したくても、あなたが眼瞼下垂でなければ治療の対象にはなりませんよね。

まぶたがたるむこと、まぶたが下がることを学術的に「眼瞼下垂症」と呼ぶことがわかりましたか?

眼瞼下垂症の治療に興味が出てきましたか?
でも、慌てないでください。

あなたが眼瞼下垂症でなければ治療の対象になりません。
まずは自分が眼瞼下垂症なのか調べてみませんか?🤔

病院を受診しなくてもある程度は判断することができますよ。
カウントしてみましょう。所要時間3分です。

【眼瞼下垂症セルフチェックリスト】

自分が眼瞼下垂かどうか?簡単にチェックできます。

自分に当てはまるものをカウントしましょう。✅
17項目です。

• おでこのしわ(眉が上がる)
• 頭痛
• 肩こり
• 腰痛
• ドライアイ
• 不眠
• 身体の疲れやすさ
• コンタクトレンズ20年以上使用
• 花粉症
• メークをする習慣
• 40歳以上
• 目の落ちくぼみ
• 膝の痛み
• 顎を突き出す頭の姿勢
• 背中が丸い

• 顎関節症
• 不安障害

【診断:(眼瞼下垂症が疑われる度合い)】

10個以上:かなり強く疑われます。

6個から9個:中等度です。下の眉ブロックテストをしてみましょう。

4個から5個:関連は弱いです。興味があれば下の「眉ブロックテスト」をしてみましょう。

3個未満:心配ないでしょう。

【眉ブロックテスト(時間のある方向け)📝】

洗面所など垂直に立てた鏡を用意しましょう。おでこの力を利用しないでまぶたを上げるテストです。

(1) 鏡に対面し、優しく目を閉じます。

(2) 閉じたまぶたの中で下を見ます(黒目を下に向けます)

(3) おでこの力を抜いてゆったりとリラックスします。

(4) 眉の上に自分の人差し指を乗せて、眉が動かないように固定します。

(5) その状態でそっとまぶたを開きます。

【判定】

瞳孔にまぶたがかかっている:眼瞼下垂症です。

この判定法の難しさがあります。眉を上げる癖のある人は指の力に抵抗して眉を上げてしまうことです。眉を動かさないように頑張りましょう。

判定はいかがでしたか?

カラダがさまざまなサインを発しているのです。これを見逃さなければ診断できます。

自己診断だけでなく病気の診断もする必要が

加齢現象としての眼瞼下垂症は以上のチェックで可能です。しかしながら病気が基礎にあって眼瞼下垂になることもあります。病気を疑うのは…

  • 複視がある(右目と左目で見える像に大きなギャップが出てしまう)
  • 緑内障の点眼をしている
  • 突然にまぶたが下がった
  • 夕方になると身体自体の筋力が低下してくる

以上のような症状がある場合は疾患がベースにある場合があるので、まずは病院で診察を受けることが必要です。

ご自分の診断はできましたか?

• コンタクトレンズの長期着用がまぶたの下がりに影響すると知っていましたか?

• まぶたが下がるとおでこのチカラを使って眉を持ち上げる動作を無意識にすることは知っていましたか?

• パッチリ目に見えても眼瞼下垂である場合があることはご存知でしたか?

次回、2日目の眼瞼下垂ガイドは

「どのような手順で手術治療に至るのか?」

「ダウンタイムを最小限にする方法」

です。

治療する気になっても、医療機関を受診したその日に治療ができるわけではありません。

治療を思い立ってから、実際に手術スケジュールをどのように立てていくのか?準備するものは?

詳しく見ていきましょう。

ではまた!

あとがき

ところであなたは日頃から運動をしますか?

実は、わたしはマラソンをはじめ、フルマラソンも14回出場しました。

レースにエントリーすると練習も頑張れるんですよね。「健康のため」ではなくて「楽しみ」のための練習です。

マラソンはカラダに悪いですよ〜。足を故障するし、日焼けするし、酸化ストレスで老化がすすむし…

でもいいんです。脳が楽しめれば人生が豊かになるんです^ ^

「健康のため」という大義名分って長続きしないと思いませんか?