SEARCH

「おおたけ眼科」の検索結果13件

  • 2024年3月28日
  • 2024年6月21日
  • 0件

公開質問(意見)箱アーカイブ:シリーズ2

質問箱の回答をします。誠心誠意お役に立てるようお答えしたいと思います。新しいものが上になるように更新します。本記事は続編です。質問(意見箱)アーカイブシリーズ1、、シリーズ3はこちら 質問ご意見フォーム 眼瞼下垂症の手術を行った場合、目の周りのマッサージや目を見開くなど、まぶたを故意に動かすことで糸が緩むことなどありますか?日常生活で注意しなくてはいけないことがあったら教えて下さい。 糸が緩む事は […]

  • 2021年7月26日
  • 2021年7月29日
  • 0件

埋没法のいいところ悪いところ

「ふたえにしてもらってきたよ」なんて聞くこともありますね。 二重整形ってそんなに簡単に可能なのでしょうか? ふたえを埋没法で 埋没ってどういう意味?切らないの? ざっくり説明すると糸をまぶたにくぐらせて結び、二重の谷間を作る方法です。 ひとえまぶたや奥二重まぶたは、目を開くときにまぶた前葉(皮膚成分)が奥に滑り込みません。つまり後葉だけ奥に引っ込み、前葉は置き去りになっています。 そこで後葉(挙筋 […]

  • 2020年9月4日
  • 2024年5月28日
  • 0件

金沢(まぶたのお医者さん)のリンク

金沢雄一郎 眼瞼下垂がんけんかすい治療に特化した、形成外科専門医。医学博士。『まぶたのお医者さん』の管理人。自己紹介はこちら 眼瞼下垂に特化したウェブページ『まぶたのお医者さん』。2012年に立ち上げ。総ページ数は300ページ以上。 \眼瞼下垂短期集中講座/ 眼瞼下垂治療を受けるにあたって必要な知識を5日間で詰め込みます。617名が受講しています。 眼瞼下垂完全ガイドLINE版 \提携医療機関/ […]

  • 2020年5月26日
  • 2024年4月24日
  • 0件

上尾市で眼瞼下垂症診療、その場所を紹介しますね

形成外科専門医の金沢です。 眼瞼下垂の相談をする診療所をお探しですか?今回は上尾のクリニックを紹介します。 埼玉県上尾市で眼瞼下垂診療 ショッピングセンター内の一角にクリニックはあります。歯医者さんの向かい。アカチャンホンポの隣です。 おおたけ眼科上尾医院です。白内障治療も手がけており、そのスペースで眼瞼下垂治療も行っています。 この手術スペースは重い扉で仕切られており、中に入ると周囲の音から遮断 […]

  • 2019年11月8日
  • 2024年7月5日
  • 4件

【完全版】眉下切開(上眼瞼リフト)の適応、利点・欠点を複数人のモデルケースと共に解説

まぶたのたるみへの対処としてのあまり知られていない新しい術式。眉下切開。 術式がシンプルで、合併症のリスクも少ない上に効果は絶大って言ったら信じられますか? 眼瞼挙筋前転法がんけんきょきんぜんてんほう(いわゆる眼瞼下垂手術がんけんかすいしゅじゅつ)とはまったく異なるアプローチ。別物です。 適応をしっかり見定めないとメリットを享受できません。「自分に合った術式なのか?」その違いを十分に理解しないと後 […]

  • 2019年7月15日
  • 2024年7月11日
  • 0件

眼瞼下垂治療で出向する提携医療機関

診察をご希望ですか?私もあなたに会えるのを楽しみにしています☺️ 提携病院、提携クリニック 当ホームページの管理人金沢雄一郎が出向する(勤務する)医療機関。完全予約制。診察をご希望の際には電話で予約を取得して下さい。 医院選びでお悩みの場合はこちらへ。 (1)酒井形成外科(大塚)金曜日 JR山の手線、大塚駅至近のクリニックです。院長は1995年創業の酒井倫明(みちあき)先生。 問い合わせは03-3 […]

  • 2019年6月2日
  • 2024年4月24日
  • 0件

埼玉県で眼瞼下垂症手術をしている医療機関を探す方法

埼玉県で眼瞼下垂症の治療が受けられる医療機関は? 名無し 埼玉県で眼瞼下垂症手術を受けられる病院を探していました とよく言われます。埼玉県民にとって、病院選びは大変。悩みのタネです。 インターネットで検索しても広告っぽいサイトばかり目立ちます。病院選びのヒントをお教えしますね。 結論から言うと、「医療機関名で選ぶのは難しい」です。 したがって、多少なりとも労力が必要です。その理由をお話しします。 […]

  • 2018年6月29日
  • 2020年6月16日
  • 0件

白内障手術と眼瞼下垂手術どちらを先にする?

白内障手術と眼瞼下垂症手術どちらが先? 患者さん 眼瞼下垂症手術を予定したいのですが、眼科では白内障手術を勧められたんです。どちらを先にしたら良いですか? 絶妙なタイミングで「まぶたの治療」と「白内障手術」とが重なりそうになることがあります。 私の回答はこうです。 「白内障手術を優先してください。そして、3ヶ月ないし半年経過を見てから眼瞼下垂症手術を相談しましょう。」 もちろん逆のパターンもありま […]

  • 2016年2月10日
  • 2023年12月11日
  • 0件

眼瞼下垂症の記録写真で使われるべき画角。スマホの自撮りはダメ。

スマートフォンで自撮りしますか?自撮り棒も流行し、自分を撮る楽しみができました。最近では術後経過を自分のスマートフォンで撮影して保存し、その経過を教えてくれるヒトも出てきました(大変ありがたいことです)。一方スマートフォンは基本設定では画角が決まっており、35mm換算で焦点距離20~30mm台の物が多いようです。スマホで撮影した顔と、本ブログに表示される写真の見え方がおおきく異なることに気付かれる […]