SEARCH

「おおたけ眼科」の検索結果12件

  • 2019年7月15日
  • 2019年7月14日
  • 0件

私が出向する提携医療機関

まぶたの診療を担当している提携病院、提携クリニック 私が訪れる先々のドクターに会うのがとても楽しみ。まぶたのアレコレについて議論をするからです。(一人で診療しているとこれができなくなるのが寂しい。) 議論をしていると、今までの知識がどんどん古くなるのを感じ、焦りすら覚えます。 さて、一人一人の患者さんとの時間を十分に確保するため、全ての医療機関で完全予約制としました。診察をご希望の際には電話で予約 […]

  • 2019年6月2日
  • 2019年8月3日
  • 0件

埼玉県で眼瞼下垂症手術をしているところは?

埼玉県で眼瞼下垂症の治療が受けられる医療機関は? 名無し 埼玉県で眼瞼下垂症手術を受けられる病院を探していました とよく言われます。埼玉県民にとって、病院選びは大変だし、悩みますよね。 インターネットで検索しても広告っぽいサイトばかり目立ちます。病院選びのヒントをお教えしますね。 眼瞼下垂症手術をする診療科は形成外科と眼科 形成外科の開業クリニック:「〇〇形成外科」「〇〇形成クリニック」「〇〇美容 […]

  • 2018年6月29日
  • 2019年1月6日
  • 0件

白内障手術と眼瞼下垂手術どちらを先にする?

白内障手術と眼瞼下垂症手術どちらが先? 患者さん 眼瞼下垂症手術を予定したいのですが、眼科では白内障手術を勧められたんです。どちらを先にしたら良いですか? 絶妙なタイミングで「まぶたの治療」と「白内障手術」とが重なりそうになることがあります。 私の回答はこうです。 「白内障手術を優先してください。そして、3ヶ月ないし半年経過を見てから眼瞼下垂症手術を相談しましょう。」 もちろん逆のパターンもありま […]

  • 2016年6月17日
  • 2019年1月6日
  • 0件

眼瞼下垂症手術は〇〇改善が目的です。単に見え方を良くするものではないのです。

こんにちは、金沢@おおたけ眼科上尾医院です。 眼瞼下垂の治療目的は?視野障害の改善だけでしょうか?実は視野障害が出る前に様々な身体の障害が現れます。この身体の機能を回復することも、眼瞼下垂症治療の目的なのです。 眼瞼下垂による機能障害とは? 眼瞼下垂に対する代償機構が働き、身体に負担がかかることに 眼瞼下垂になると、顔の筋肉に余計な緊張が入ったり、首や肩の筋肉がこわばります。例えば、おでこに力を入 […]

  • 2016年2月10日
  • 2019年1月10日
  • 0件

眼瞼下垂症の記録写真で使われるべき画角。スマホの自撮りはダメ。

スマートフォンで自撮りできます。自撮り棒も流行し、自分を撮る楽しみができました。最近では術後経過を自分のスマートフォンで撮影して保存し、その経過を教えてくれるヒトも出てきました(大変ありがたいことです)。一方、スマートフォンは基本設定では画角が決まっており、35mm換算で焦点距離20~30mm台の物が多いようです。この画角で撮影した顔とこのブログに表示される写真の見え方が大分異なることに気付かれる […]

  • 2015年12月12日
  • 2019年8月4日
  • 0件

お知らせ|おおたけ眼科上尾医院でのまぶた診療は年内は

おおたけ眼科上尾医院での形成外科の年内のまぶた診療は終了しました。 今年は、診療日が増え、より多くの患者さんに治療を提供できるようになりました。 今年もお世話になりました。 来年は1月13日に始まります。 まぶたの手術治療は4月中旬からご案内できる見込みです。キャンセル待ちもお受けしていますが、まずは診察にいらしてくださいね。 金沢雄一郎

  • 2015年9月21日
  • 2019年1月6日
  • 0件

まぶたの知覚神経|眼瞼下垂症

  Photo: undefined by Internet Archive Book Images   おおたけ眼科上尾医院での眼瞼下垂症手術の際の出来事です。 「いたた」 手術中に高周波ラジオ波のメスで切るときに痛みを感じたそうです。 「私は痛がりなもので・・・・」 私に気を使ってくださった一言でした。 もともとまぶたが一重で厚ぼったいヒトは眼輪筋や眼輪筋下脂肪、眼窩隔膜と […]

  • 2015年7月13日
  • 2017年6月20日
  • 0件

眼瞼下垂症手術ではミュラー筋は処理するべきか?

こんにちは、埼玉県上尾市の金沢です。 おおたけ眼科上尾医院にて、荘司琢郎先生とのよもやまばなし。 「眼瞼下垂症の術式において2つの流派がありますよね。」   (1)挙筋腱膜のみの修復 (2)ミュラー筋も前転して固定するもの   私は(1)の方針です。その理由は、 ミュラー筋は過敏な組織であり、伸展センサーとして機能しているのでキズを付けたくない。 血管が豊富で手術中の止血操作を […]

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクとメリットを冷静に吟味したいですか?”
当然です。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話も盛り込みました。
この講座はあなたをまぶた治療へ誘導するものでもありません。
むしろ適性のない人は諦めてもらうよう誘導するくらいです。
まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG