まぶた治療に特化した形成外科専門医が作った眼瞼下垂情報
SEARCH

「眼瞼下垂」の検索結果293件

  • 2024年2月11日
  • 0件

眼瞼下垂の手術動画〜若手の形成外科医師向け

眼瞼下垂症手術(挙筋前転法)の手術動画 と一言でいっても術者により多種多様。インターネットには術式動画が複数見られます。 あくまでいち外科医の手術です。良い悪い、優劣、すべきすべきでないを議論するつもりはありません。 また医学技術は進歩するもの。日々アップデートされるから少なからず技術も陳腐化するものです。 しかしながら本質は変わりません。 2017年と2022年の手術動画。比較することで見えてく […]

  • 2024年1月3日
  • 0件

手術時の見学者(オブザーバー)の存在意義について

手術の際、執刀医のそばに見学者がいるのを見かけることがあるかもしれませんね。それを見て、自分が何かの展示物のように感じることもあるかもしれません。しかし、その見学者の存在には、とても大切な意味があるんです。 見学者(オブザーバー)の存在意義 これらの見学者は、医療の教育の一環として、手術室にいることが多いんです。彼らは新しい技術を学び、医療の質を高めることを目的としています。私自身も、全国の外科医 […]

  • 2023年12月11日
  • 2023年12月11日
  • 0件

眼瞼下垂手術とアフターケア

手術が無事に終わりました。さてその後どうしたらよいのでしょうか。 あなたにできることは? ※これは私のところの話です。実際に手術を受けたらその医院の説明を受けてください 術直後から一週間 会計手続きをすませて帰宅します。電車で帰る人。誰かさんに車で送ってもらえる人。 自分で運転しなければ帰宅手段は自由です。基本的に。 で、この帰宅途中で傷口から血が滲むかもしれません。だからガーゼで受け止めます。「 […]

  • 2023年11月13日
  • 0件

眼瞼下垂手術を検討中で、過去に埋没法裏留めを受けている人へ

裏どめの埋没は必ず医師に申告して 埋没は普遍的な手技。一般的には結び目(糸玉)は皮膚側にあります。これを「表どめ」といいます。 一方、結び目を瞼の裏側に置く方法があります。「裏留め(うらどめ)」です。表から見えないメリットがあります。 通常の埋没法は結び目(糸玉)が皮膚の下にあります。一方、裏留め埋没法は結び目が結膜側(眼球側)にあります。 裏留めをした方は強く認識しておいてください。気高く念じて […]

  • 2023年6月28日
  • 2023年6月30日
  • 0件

管理人金沢の特徴

「金沢先生の売り、特徴って何?」 手術が上手いの?経験豊富だから安心なの?スペシャルな手技を持っているの? 医師選びで迷っている患者さんからよく問われる命題です。 はてさて、なんだろう?内省、自己分析しました。 手術が上手下手は自分ではわかりません。「絶対に成功する」なんて口が裂けても言えません。 自分にしかできない必殺技を持っているわけでもありません。唯一無二のデザイン能力を持っているわけでもあ […]

  • 2023年6月25日
  • 2023年9月2日
  • 0件

眼瞼下垂の他院修正:術式を瞬時に理解することが必要

また私の他院修正本棚に1冊追加されました。挙筋腱膜とROOF(ある種の脂肪組織)との間をグルグル往復するナイロン糸。 頭の中が???となります。(今回は個人的見解の記事です) 他院修正の本棚 まぶた治療に専念して20年近く。まだまだ知らない世界があります。自分が体得した手術方法など数あるなかのひとつ。周りを見渡せば術式はいくらでもあります。 他医が執刀した手術の修正をするに当たっては、世間で行われ […]

  • 2023年5月30日
  • 2023年5月30日
  • 0件

眼瞼下垂手術後の歓迎されざる変化

眼瞼下垂手術はまぶた内部の修復。 まぶた内部の機能が変化します。そして表情筋の緊張バランスが変化します。 つまり顔つきが変わるわけ。 目つきの変化 目が開きやすくなると同時に眉が下がります。目と眉が近くなりますね。 これだけでも目の印象がキリッとした雰囲気になります。 一方目と眉の間にあるボリュームが圧縮されるので厚ぼったさが出てくることもあります。 それだけではありません。 眉間にしわがより、鼻 […]

  • 2023年4月28日
  • 2023年4月28日
  • 0件

眼瞼挙筋と滑走性と疎性結合組織

もし疎性結合組織(そせいけつごうそしき)がなかったら 私達は身体を動かすことができません。硬直したままです。 困りますよね。 疎性結合組織って何でしょう? あなたの左の手の甲の皮膚をつまんでみてください。皮膚が持ち上がりますよね。 皮膚ごとマッサージしてみてください。皮膚の下の組織(筋肉、腱、骨)とずれて動くのがわかりますよね。皮膚とその下の構造物の間に滑りがあるのがわかると思います。 これを可能 […]

  • 2023年3月30日
  • 2023年3月30日
  • 0件

挙筋前転法と挙筋短縮の違いについて

「先生の術式は挙筋前転ですか?それとも挙筋短縮ですか?」とよく聞かれます。 わたしは「挙筋前転をします」と回答します。 筋肉の末端を前転(前進)するか後転(後退)させる発想で、斜視の手術と同じ。 私の理解では「挙筋短縮」は過去の術式です。テキストによると挙筋を切り取って短くする術式。2ミリの下垂の人は10〜13ミリ筋肉を短縮切除します。想像できませんし、そのような手術を生で見たこともありません。と […]

  • 2023年2月3日
  • 2024年1月30日
  • 0件

眼瞼下垂術後のリハビリテーション。可動域訓練

眼瞼下垂手術後のリハビリテーションって? キーワードは「可動域:Range of Motion」です。 想像してください。 あなたは脚を骨折し、ギプス固定を3週間行いました。そして、ついにギプスを外す瞬間がおとずれました。 アナタの足首は曲がるでしょうか? ギシギシ…・・ そうです。 身体のあらゆる部位は動かさなかったらこわばって動かなくなるのです。 しかしそこからリハビリテーション、つまり動かす […]