福田美蘭のモネと睡蓮|大原美術館展

大原美術館展静岡

 

静岡市美術館にて大原美術館展が催されています。眼瞼下垂外来の帰りに寄り道です。

日本で初めて西洋美術を鑑賞できる美術館として1930年に開館しました。

モディリアーニらの絵画から現代日本のアーティストの作品も展覧されています。

ここで非常に興味深い絵画に出会いました。

福田美蘭の「モネの睡蓮」

 

かつて大原美術館の有隣荘で発表されたモネと有隣荘へのオマージュ作品?です。

一見するといわゆるモネの「睡蓮」なのですが、(湖面に浮かぶ睡蓮はジベルニーから株分けされた本物のモネの睡蓮らしいです。)

湖面に映る建物が見えます。

これが有隣荘工芸館の白壁とのこと。

ここにカラクリが?なんかおかしい・・・・・

睡蓮の葉や花はクロード・モネらしい(印象派らしい)ぼかしが効いています。

一方、湖面に映り込んだ建物はむしろぼかしが少ないです。

ピーンとひらめきました。

カメラのフォーカスが建物に合わせられていて、睡蓮は手前ボケしている?

印象派としての、光のゆらぎやらの高尚な表現技法を単なるピンぼけにしてる。

そうなると、睡蓮のぼかしが極めて合理的な描写になるため、印象派的でなくなってしまう。

これはクロード・モネを挑発している?((;゚Д゚)

思わず絵画の前で立ち止まって、ワクワクしてほくそ笑んでしまいました。

 

以上はわたしの個人的な感想ですけど・・・

 

後に知ったのですが、この福田美蘭さん。

大御所の絵画を弄ぶのが得意のようです。

拝読したのは以下のブログです。

弐代目・青い日記帳さん

「きままに」さん

 

権威を茶化す文化って楽しいですね。

 

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG