藤田嗣治が描く鼻は”人中”がセットになっている|東京都美術館

藤田嗣治展のパンフレット

藤田嗣治展のパンフレット

「乳白色の下地」を開発した藤田嗣治。「自分独自のコンセプトを開発したい。色は捨てよう。モノクロがいい。いや、白い色を用いる画家はいないぞ。これだ」

色彩豊かに表現するヨーロッパの画家たちに囲まれ、差別化をはかるべく「乳白色」を手に入れたFoujita。

藤田嗣治展

「乳白色の裸婦」

  • 乳白色のグッタリした柔肌
  • コントラストの弱いカラダの陰影
  • アンバランスなカラダのライン
  • どことなく生気の抜けた表情

カラダの陰影さえも「白」で表現する。コントラストが低すぎるあまり、絵画を見ると一瞬人物像が白く抜けて見えてしまう。

乳白色の下地に「か細い黒い線」が墨で書き込まれている。

人中(にんちゅう):philtrum

鼻の輪郭は「うっすらか細い黒い線」で描かれる。さらにそれに続いて「人中」も必ずついてくる。「人中」とは鼻下から上くちびるに伸びる立体的な「溝(みぞ)構造」である。じんちゅうと呼ぶ人もいる。wiki「人中」

「2人の少女と人形」より

「2人の少女と人形」より

出典:『藤田嗣治渡仏100周年記念 レオナール・フジタとパリ』

人中をひどく強調するのだ。冷徹な表情、人形のような表情の中に「人中」が浮かび上がり、妙に生々しく感じてしまう。

猫が好きな藤田。鼻下にちょび髭を蓄える藤田。なにか「人中」にこだわりを持っていたのだろうか🤔

あ、違うか!猫が好きで女性の顔に「ネコ」を被せていたのかなあ??あなたはどう思う?

「没後50年 藤田嗣治展」

  • 2018.7.31~10.8
  • 東京都美術館
  • 開館時間:9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)金曜日は20時まで
  • 当日券 一般1600円
  • 音声ガイド:津田健次郎:520円

ウェブサイト

あとがき

「つぐはる」と思うでしょ?でも「つぐじ」と呼ぶ人もいるんです。どちらなのでしょう?

藤田が監督した映画『現代日本子供篇』が放映されていました。なんとその中で記されていたのは「監督:ツグジフジタ」でした。

 

 

 

藤田嗣治展のパンフレット

まぶた治療を考えている女性限定メール講座


眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」
世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく