金沢 雄一郎
AUTHOR

金沢 雄一郎

1974年生まれ。医師、医学博士。眼瞼下垂治療に特化した形成外科専門医。大学病院で眼瞼専門外来を設立。2016年からは独立医師に。眼瞼下垂の啓発活動中。プロフィールをもっと詳しく

  • 2022年7月1日
  • 2022年7月14日
  • 0件

副涙点とは?目頭の下についてる穴から液が出てくる

「目頭の下にぽつんと点がある。穴のようであり、時々汁がでてくるんです」 副涙点(ふくるいてん) 生まれつきこのような穴を持っているヒトがいます。 副涙点 外涙嚢瘻 涙嚢瘻孔 涙道瘻孔 Accessory lacrimal duct などと呼ばれます。 穴から出てくるのは涙。目頭から鼻へ涙が抜け落ちるルート(涙道)があります。そこと穴がつながっており、涙が逆流してくるのです。(穴は空いておらず、くぼ […]

  • 2022年6月1日
  • 2022年6月3日
  • 0件

マーカスガン症候群の眼瞼下垂に対する手術治療

「口の運動(咀嚼運動)に連動してまぶたが上がり下がりする」 「ミルクを飲むときに目が大きくなったり小さくなったりする」 生まれつきの症候。眼瞼下垂を合併します。 Marcus Gunn現象とは スコットランドの眼科医Dr. Robert Marcus Gunnが1883年に報告しました。様々な呼び名があります。 マーカスガン症候群 マーカスガンジョーウィンキング症候群 マーカスガン現象、マーカスガ […]

  • 2022年5月9日
  • 2件

眼瞼下垂手術で顔(の表情)が変わる

「眼瞼下垂手術をすると顔が変わる」 目が大きくなるだけではないのです。 これの意味するところは、 術後に顔の印象が大きく変わる 術前シュミレーションが困難 眼瞼下垂自体が顔の表情に影響を与えていた。 さて以下のモデルさん、表情変化わかりますか?どこがどう変わったでしょうか? 鼻周りの見え方の変化に着目 鼻の穴の見え方が変わったのわかりますか? 術前は鼻の穴が大きく目立っていました。それが術後は目立 […]

  • 2022年1月31日
  • 2022年1月31日
  • 0件

皮膚を切除したときに生じるドッグイアとは?

皮膚を切除したら皮膚に歪み(ひずみ)が生まれるって言われてピンときますか? 変形が少し残るのです。 ドッグイア(ドッグイヤ) 皮膚を切除して縫合をすると生じる皮膚のひずみを医療界では『ドッグイア』とよびます。ほくろ切除後によく現れる「皮膚の盛り上がり」現象。 両端が盛り上がるので犬の耳になぞらえて「Dog Ear」「Dog-ears」と呼びます。立体的なひずみ現象なのでメークで隠すことができません […]

  • 2022年1月7日
  • 2022年1月7日
  • 0件

眼瞼下垂手術を検討している閉所恐怖症の方へ

「エレベーターが怖い」 「電車は各駅しか乗れない」 「MRI検査が怖くて受けられない」 そんなあなたは眼瞼下垂手術を受けることができるでしょうか。 閉所恐怖症(パニック障害)と眼瞼下垂手術 狭いところにいるとそこから逃れたい気持ちになります。ドキドキして息苦しくなり、「死んでしまうのでは」との観念に囚われます。 定義として、「恐怖または不安が実際の危険と釣り合わない」とされています。「大丈夫。安全 […]

  • 2021年12月27日
  • 2021年12月27日
  • 0件

あなたの眼瞼下垂は前葉下垂タイプか、それとも後葉下垂タイプか?

私が眼瞼下垂患者さんに初めてお会いするとき、真っ先にすることがこのジャッジです。 眼瞼下垂診断において、 「前葉ぜんよう下垂タイプ」か、それとも「後葉こうよう下垂タイプ」かをジャッジすることから始まります。それはなぜか?治療の選択肢が異なるから。そして難易度、予想される分岐シナリオが異なり、別の道を歩むのです。 まぶたは2枚重ね構造 前葉と後葉とから成ります。前葉は皮膚と眼輪筋、後葉はまぶた内部( […]

  • 2021年10月15日
  • 0件

眼瞼下垂手術直後から左右差があった場合

眼瞼下垂の手術直後から左右差が 心配になりますね。ずっとこのままなのでしょうか? 担当医に尋ねると「もう少し待ってください」と言われます。 結論。 『慌てずに経過を見る』 なぜ様子を見たほうが良いのか? 目の開きが変動するのです。その変動に寄与するパラメーターが複数あります。 (1)腫れの変動 (2)眼輪筋の強さの変動 (3)創傷治癒の進行 (4)ミュラー筋の感度の変動 (5)予定外線 (6)自身 […]

  • 2021年8月23日
  • 2021年9月20日
  • 0件

指先を切って血が止まらないとき。まず家でできること

「あっ」 と思ったときはときすでにお寿司。 包丁の刃が指にすっと滑り込む… ジワーッと血がにじみ出る。 慌ててティッシュとかタオルで覆うけど、なかなか出血が止まらない。白いタオルがみるみる血に染まっていく😱 パニックになります。 こんなときどのように応急処置したら良いのでしょうか? 指をシャープに切ってしまい、血が止まらないときの処置方法 まず確認します。 包丁が汚れていないか?傷が汚染されていな […]

  • 2021年7月26日
  • 2021年7月29日
  • 0件

埋没法のいいところ悪いところ

「ふたえにしてもらってきたよ」なんて聞くこともありますね。 二重整形ってそんなに簡単に可能なのでしょうか? ふたえを埋没法で 埋没ってどういう意味?切らないの? ざっくり説明すると糸をまぶたにくぐらせて結び、二重の谷間を作る方法です。 ひとえまぶたや奥二重まぶたは、目を開くときにまぶた前葉(皮膚成分)が奥に滑り込みません。つまり後葉だけ奥に引っ込み、前葉は置き去りになっています。 そこで後葉(挙筋 […]