金沢 雄一郎
AUTHOR

金沢 雄一郎

医師、医学博士。眼瞼下垂治療に特化した形成外科専門医。新潟大学を卒業後は千葉大学形成外科学教室へ入局。2016年からは独立医師に。眼瞼下垂の啓発活動を続けています。プロフィールをもっと詳しく

  • 2020年7月10日
  • 2020年6月16日
  • 0件

下眼瞼内反症とは。その問題点と、治療方法。最終手段は手術。

加齢性の眼瞼内反症 右左どちらか、もしくは両方のしたまぶたがクルンと内反(内向きに回転)して下まぶた自体が目の中に入り込みます。「逆さまつげ」の一種です。 生まれつきの睫毛内反(逆さまつ毛)とは違います。ここは注意。 睫毛内反症は眼瞼に異常はなく、先天的に睫毛のみが内反し、…(略)…、一方、眼瞼内反症は睫毛の生える方向は正常であるが、瞼板や眼球・瞼結膜の関係で眼瞼縁が内反し、睫毛が角膜に触れるよう […]

  • 2020年7月3日
  • 2020年7月3日
  • 0件

眼瞼下垂症手術を受けるのに適した季節は?

こんにちは、形成外科専門医の金沢です。 「眼瞼下垂の手術は冬がいいでしょうか?だって傷が化膿しにくい気がするのです」 一生に一度あるかないかの大イベント。満を辞して挑みたいですよね。 眼瞼下垂手術を受けるのに適した季節はあるのか問題 眼瞼下垂症手術スケジュールを検討する際、患者さんから 「手術を受けるのに適した季節はあるか?」 と良く聞かれます。 「暑いと化膿するのでは?」 「暑いときずが蒸れるの […]

  • 2020年6月26日
  • 2020年7月7日
  • 0件

緑内障点眼で眼瞼下垂になる、「プロスタグランジン関連眼窩周囲炎」とは?

こんにちは、形成外科専門医の金沢です。 眼科で目薬治療をした結果、まぶたに副作用が起こることがあります。最近は緑内障治療をしている患者さんの眼瞼下垂相談が増えています。因果関係はあるのでしょうか? 実は眼科からも緑内障の薬で目周りの皮膚にトラブルが起こることが報告されています。今回は点眼にまつわる眼瞼下垂をとりあげます。 緑内障治療で使う点眼薬が眼瞼下垂を引き起こす プロスタマイドF2α受容体に作 […]

  • 2020年6月19日
  • 2020年6月21日
  • 0件

眼瞼下垂手術におけるトレードオフ|患者さんと医師を悩ませるもの

形成外科専門医の金沢が、頭を抱える問題があります。眼瞼下垂診療における永遠のテーマ。 患者さん「目を大きくしたい。…けど印象は変えたくない!」 執刀医「麻酔をきっちり効かせたい。けども麻酔の量で腫れが大きくなり、さらに筋肉も麻痺が生じ、これが仕上がりの評価を難しくする。」 中途半端な知識で、「こうなるはず!」と思って痛い思いをします。患者さん、医療者双方で肝に銘じておくべきテーマです。 トレード […]

  • 2020年6月12日
  • 2020年6月27日
  • 0件

眼瞼下垂術後のきずあと「くぼみ」編

こんにちは、形成外科専門医の金沢です。 「いわゆる整形顔になりたくない!」 これは、多くの眼瞼下垂患者さんが手術を受ける際に懸念する事項のひとつです。 顔にメスを入れると言うことが社会的にはまだまだ受け入れられていない現状。どうしても気になるものです。 実はこれ、ある程度は避けられない現象なのです。それはなぜか?その理由を解説します。 眼瞼下垂症手術で切開した「きずあと」のくぼみ ずばり、 二重( […]

  • 2020年6月5日
  • 2020年6月16日
  • 0件

眼瞼下垂で初めて受診。忘れ物しないためのチェックリスト

眼瞼下垂の初診(初めての受診)時に、あらかじめ準備しておくべきものを挙げておきました。参考にしてください。 準備するもの 医療情報:以下で解説 健康保険証 お薬手帳 未成年の場合は保護者 自分の過去の病気リストのメモ:病名を忘れていたりするものです 暇つぶしグッズ:待合室で 自分が担当医に伝えたいことメモ:あらかじめ情報収集している人ほど疑問点が多いものです 病院によっては印鑑 メモ帳とペン スケ […]

  • 2020年5月29日
  • 2020年6月16日
  • 0件

さいたま市浦和区で眼瞼下垂手術、思い入れのある浦和

浦和で眼瞼下垂診療 浦和駅から徒歩1分の千春皮フ科クリニック。 「パルコ」を左手に見てすぐ正面のガラス張りのビルの5階です。 この異常な近さは酒井形成外科と同じ。渡邊千春院長なぞは「○時58分発に乗らなきゃ!」と3分前にクリニックを出てダッシュする有様(おすすめしません、信号がひとつあります😅)。 スタッフも近隣住まいが多く、浦和の情報に事欠きません。 埼玉県さいたま市浦和区 元は浦和市。2001 […]

  • 2020年5月26日
  • 2020年7月7日
  • 0件

上尾市で眼瞼下垂症診療、その場所を紹介しますね

形成外科専門医の金沢です。 眼瞼下垂の相談をする診療所をお探しですか?今回は上尾のクリニックを紹介します。 埼玉県上尾市で眼瞼下垂診療 ショッピングセンター内の一角にクリニックはあります。歯医者さんの向かい。アカチャンホンポの隣です。 おおたけ眼科上尾医院です。白内障治療も手がけており、そのスペースで眼瞼下垂治療も行っています。 この手術スペースは重い扉で仕切られており、中に入ると周囲の音から遮断 […]

  • 2020年5月22日
  • 2020年6月16日
  • 0件

眼瞼下垂の随伴症状(ずいはんしょうじょう)とは。肩こり・頭痛・不眠・まぶしさ…

「肩凝りが〜」「頭痛が〜」「目が疲れる〜」 これらは眼瞼下垂に伴う随伴症状(ずいはんしょうじょう)です。 随伴症状とは一体なんでしょう。 何らかの病気や病状などの伴う症状のことを幅広く指す用語。「高血圧の随伴症状」「月経随伴症状」などという具合に使われる。(weblios辞書より) 例えば「高血圧の随伴症状」は、頭痛、めまいなど。「月経随伴症状」は乳房が張る、イライラ、倦怠感などです。 病気があり […]

  • 2020年5月13日
  • 2020年6月16日
  • 0件

眼瞼下垂診療をする、豊島区の酒井形成外科は大塚駅至近

酒井形成外科は大塚駅すぐ 徒歩1分🚶‍♀️ 改札出てから徒歩1分。 この「改札出てから」は侮れません。 都内を移動する時って乗り換えで徒歩5分以上かかるなんて普通だし、駅の改札から路上へ脱出するまでに徒歩5分以上歩くなんてザラ。地下鉄なんて電車降りてから改札までに階段をいくつかへてやっと改札にたどり着くことも。 駅ビル内のテナントだってそんな早さでたどり着かないかも。 だから眼瞼下垂の手術を受ける […]