学会レポート 第116回日本美容外科学会

金沢です。

去る1月19日に第116回日本美容外科学会に参加して来ました。

私は

「眼瞼下垂症手術後に眼瞼の赤色腫脹が遷延した症例の検討」

を演題として発表させて頂きました。

まぶたの治療後は腫れます。
長いと半年以上続きます。

この腫れに赤みが加わってこの赤みがなかなか退かない場合が稀にあります。
この現象が起こる体質を検討しました。

現時点での結論は
厚ぼったいマブタとけいれん気味のひと、そしてもともと赤みのある人です。
予防法、対策などは未だ検討中です・・・・

今回のパネルディスカッションで「PRP療法」が取り上げられました。

採取した血液から濃厚血小板溶液をつくり皮膚の下に注射して膨らみをつくります。

血小板から放たれる各種成長因子により、周囲組織の増殖を促します。
我々の細胞はこの成長因子によって様々なシグナルを受け取る仕組みになっています。
血小板は創傷治癒に関わります。この血小板から放たれる因子により、
「増殖せよ」「細胞外基質(コラーゲンなど)をつくれ」「こっちに集まれ」・・・・
そして傷が修復されるのです。

特にbFGF(ヒト由来でない)を添加したPRP療法が話題になりました。
合併症として硬結をつくるのが問題の一つとしてとり上げられました・・・・

逆に言えばそれだけボリュームを作る効果が期待できる治療法です。
安全な使い方をもっと追究すれば非常に可能性のある治療法だと思われました。

さらなる研究が期待されます。

深谷赤十字病院 形成外科
y-kanazawa@fukaya.jrc.or.jp

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG