患者さんの変化





最近眼瞼下垂症の相談で受診する患者さんたちに変化を感じます。

「手術をすると腫れます。内出血斑ができます」

合併症というか、術後経過の自然な成り行きの一つです。

必ず説明差し上げますが、最近の患者さんたちは・・

「知ってます!」


患者さん自身が勉強しているのと、


身近に手術を受けた人を知っていることが多いようです。



深谷赤十字病院 形成外科
y-kanazawa@fukaya.jrc.or.jp

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG