眼瞼けいれんの症状、所見、原因、対処法などなど

名無し
まぶしくて、目がしょぼしょぼして、目を開けているのが辛いんです・・・・ 😥 
眼瞼けいれんは日常生活に著しい障害をもたらします。しかし、その病気自体が世の中に認知されておらず、患者さん自身が自分が病気であると自覚できません。実は臨床医でも知らないヒトが多いし、医師国家試験にも出題されません(多分)。眼瞼けいれんは何が問題なのでしょうか?対処法はあるのでしょうか?

眼瞼けいれんって?

疾患概念自体があいまいなんですが・・・

「目を閉じる筋肉(眼輪筋)が意図に反して強く縮もうとしている状態」です。

その診断根拠はガイドラインでだいぶ整理されてきました。

ですが、ガイドラインを利用するためには、患者さんを見た瞬間に「眼瞼けいれん」を疑うことが必要です。この点は、医師の長年の経験に基づく無意識下での情報処理に依存しています。

とはいっても、可能な限り多くの人がこれを診断できるようにしたいものです。

日常の診療の中で、眼瞼けいれんの患者さんに共通項が見えてきます。少しでも診断の助けになるようにキーワードを列挙してみます。

眼瞼けいれんの症状

自覚症状

まぶしい:太陽も、くもりも、白色の蛍光灯も。室内でもサングラスをかける人もいる。

目がしょぼしょぼする:ドライアイのような症状。5割以上はドライアイの訴えで眼科を受診する。眼球を抑える圧が強いのか?瞬きは涙をワイパーのように塗り広げる機能がある。メニスカス(下まぶたの縁の涙の溜まり)が少なく、涙液を広げることが難しい上に、乾いたワイパーが目の表面を刺激している可能性。

目を閉じているのが楽:第三者に「なんで寝てるの?」と言われる。

伏し目にしている方が楽:正面や上を見上げるのが疲れる。

他覚所見(人から見た症状)

眉が下がる:眉の位置が降りて、目と眉が近くなります。

眉間にシワ:けわしい顔つきになります。

まばたきが多い:眉ごとまばたきしてしまうことも。意識してまばたきをすると動きがぎこちない。

皮膚がビロビロにのびている:長年のけいれんによるものか?ネズミの皮膚のようにビヨーンと伸びる。

ちりめんジワが縦横に細かく刻まれている:眼輪筋の収縮が目を中心にして放射状のシワをつくる。

眼瞼けいれんの皮膚

ビロビロになった皮膚

眼瞼けいれんの肌の白黒写真

白黒にするとシワの様子がよくわかる

目尻にびらんがある:涙液や目やにがたまって皮膚が荒れる。たまに皮膚が裂けるような痛みを感じることも。

眼瞼けいれんの原因(と疑われているもの)

このような人に多いという経験則でメカニズムはまだわかりません。

薬の副作用

向精神薬や睡眠導入剤を長年にわたって使用している。

外傷など

埋没法による重瞼術を受けている。過去にまぶたや眉の怪我をしたことがあり、傷跡がある。

環境要因:

精神的に追い詰められている。家族の介護、仕事のストレスなどなど

けいれん患者さんに共通の日常生活でのイベント

  • 車を運転していて接触事故を起こしたことがある。
  • 散歩中に電信柱にぶつかったことがある。
  • 側溝に足を踏み外したことがある。
  • 第三者から「会話中になんで寝てるの?」と言われる。
  • 仕事が手につかずに退職した。

普段の生活に多大な支障をきたしていることがわかりますね。

治療法

ボツリヌス毒素注射:筋肉を麻痺させる。2017年時点でもっとも根拠のある治療。根本治療ではなく、定期的に治療を行う必要がある。

手術:眼輪筋切除術、ミュラー筋の感度を下げる手術。手術そのものの侵襲が問題。術後のボトックス注射が痛い・・・のも問題。

内服:抑肝散(漢方)

理学療法:温湿布、やさしく肌に触れて眼輪筋をゆっくりストレッチ

クラッチメガネ:まぶたを支えるパッドが付いているメガネフレーム。

環境を変える:睡眠をきちんととる。ストレスを受けにくい環境を作る。異動するなど。

(某施設で研究中:近赤外線を眼輪筋に照射。うまくいくといいですね。)

眼瞼けいれんは一生続くのか?

不明。しかし、多くの人は環境の変化などにより、自然に軽快しているのではないか?と著者としては希望的観測をもちます。

対処方法として追記

医師としてでなく、著者個人として、、、

マインドフルネスや瞑想、ヨガのような心のストレス対処法は有用ではないか?と思いますがいかがでしょう?

 追記2

これは違う。眼瞼けいれんではないですよ。

眼瞼ミオキミア:まぶたがピクピクするもの。疲れた時に一時的に現れるけいれん。

片側顔面けいれん:左右どちらかの顔の筋肉がけいれんする。

追記3

ボトックスが効かない人がいます。ボトックスに対する抗体があり(ボトックスに対する免疫ができてしまっている)、ボトックスの効果が速やかに中和されてしまう。これは厄介です。

錐体外路症状(意図しない動き:不随意運動が出やすい)の一つとして眼瞼けいれんが出ている人もいます。飲み込みがうまくできないのも錐体外路疾患の一症状です。ボトックスの副作用で嚥下障害(飲み込みの障害)が記載されています。その都合でボトックスの使用を禁じられている患者さんもいます。辛いです。

眼瞼けいれんの肌の白黒写真

まぶた治療を考えている女性限定メール講座


眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」
世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく