腱膜固定とは

金沢です。

眼瞼下垂診療でよくある質問です。

「腱膜固定(けんまくこてい)とは??」

腱膜固定とは・・・・

「腱膜」は眼瞼挙筋の腱膜を指します。
眼瞼挙筋は眼球の奥から眼球の上を回り込んでまぶたの縁に繋がります。
眼瞼挙筋の筋肉の終わり部分がきらきらした白い膜のような硬い構造物になり、
これがまぶたの縁や表面の皮膚へ繋がります。
あたかもアキレス腱のごとくです。

しかし、この筋肉の端のつながりはもともとルーズに出来ています。
このまぶたの縁へのつながりをしっかりしたものにさせるために、
腱膜を瞼板にくっつける処置をいいます。

加齢変化や物理的な刺激で、
このつながりが緩んで伸びてくると眼瞼挙筋のチカラが伝わりにくくなります。

それを修復するのが腱膜固定です。

眼瞼挙筋がまぶたを引っ張り挙げる

 

腱膜のゆるみ

深谷赤十字病院 形成外科
y-kanazawa@fukaya.jrc.or.jp

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG