予定外の重瞼線。二度手間かけて修正…

右まぶたに余計な線が

右に予定外の重瞼線が。。。

まぶた術後の「ふたえ」の線がおかしい

まぶたの手術後の修正対象といえば、

  • 左右差
  • 重瞼線の乱れ

がほとんどです。

今回は二番目の「重瞼線の乱れ」について

解説します。これは、

  • 「予定外重瞼線」
  • 重瞼が浅くなる
  • 三重になる
  • 二股になる

といった表現があります。

一定割合でこの現象は起こります。発生率ゼロには出来ません。なぜか?正常人でもあるからです。

重瞼ができるメカニズムについてはこちらを

とは言え、やはり乱れのない重瞼線が欲しいですよね。

そこで眼瞼下垂手術では、(一般的には)予定の重瞼線で皮膚切開をします。

重瞼線部分で皮膚切開のメリット

  • 傷が目立ちにくい
  • 挙筋腱膜や瞼板前組織へのアンカリングをかけやすい

まぶたを持ち上げる時に重瞼部分(皮膚切開部分)が奥に引き込まれるのです。

結局はバランスの問題

その食い込みの力を強くすれば予定外重瞼線はできにくくなります。一方、目を閉じた時に食い込みが残ります。

理想は目を閉じた時のまぶたの皮膚が平坦になっていることです。食い込みが強いヒトは、いかにも「まぶたの手術をした」オーラが出てしまうのです。

かなざわ
目を閉じた状態で、「重瞼部分の食い込みがなくてフラットな状態」が自然だと思うのです。

したがって、まぶたの手術の時の重瞼部分のアンカリングは強すぎないように注意します。

その結果、「予定外重瞼線」が生まれるのです。

予定外重瞼線が出来やすい人もいる

  • 挙筋よりもミュラー筋優位に眼瞼挙上筋が働いている人
  • 目の周りの脂肪が少なくて落ち窪んでいる人

挙筋が有効に動かないと重瞼部分は引き込まれないので重瞼は浅くなります。まぶたの皮膚を置き去りにしてまぶたの後葉が奥に引き込まれます。まつげが下向きになります。

目の落ち窪んでいる人は挙筋腱膜とまぶたの皮膚との間に脂肪組織がないので眼球の輪郭が浮き出ます。眉骨(まゆぼね)の輪郭も浮き出て重瞼線は消失します。

このようなヒトは重瞼のアンカリングを強くしても重瞼が浅くなってしまうことがあります。

さて、冒頭に挙げたモデル患者さんの修正です。

重瞼部分の食い込みの癖をしっかり作るための「眉毛吊り上げ法」で直しました。

完治

なんとか治って胸をなでおろしたのでした。

吊り上げ法とは?

具体的な修正方法は、手術中の写真とともに別ページに掲載しました。デリケートな写真なので限定公開といたしました。

どうしても見てみたい方は、メール講座を受講してください。

「7日間メール講座」で該当ページをパスワードつきで紹介します。

一度受講された方は改めて受講手続きをすることができます。

修正手技は別に

修正手技は別ページに

あとがき

桜の開花が早いですね!🌸

スマホで「インスタ映え」する写真を撮りたいですよね。「ちょっと違う撮り方」してみました。

キーワードは「逆光」です。

修正手技は別に

まぶた治療を考えている50歳以上の女性限定メール講座


「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」
世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

講師の金沢の個人的な体験や解釈を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページでご確認を。

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく