眼瞼下垂症術後写真は真実を示しているか?術前術後動画でチェック

眼瞼下垂症手術を検討しているあなた。

眼瞼下垂症術後の患者さんが身近にいないと、術後どんな雰囲気になるか心配になるでしょう。

「瞼の動きが不自然になるのでは?」

「整形顔になってしまう?」

「まぶたが閉じれなくなるのでは?」

眼瞼下垂術後一年
眼瞼下垂術後一年。目が大きくなったのはわかる。でもそれでよいのか?

いろいろ調べる中で、

「ホームページなどで示される術後写真は真実を示しているのか?」

という疑問があります。

眼瞼下垂症手術を受けたヒトを見たことがない場合は、「写真」は大いに参考になるでしょう。旅行に出かけるときは訪問地の下調べで写真を見ますものね。

しかし、結論から言うと、静止画では情報量としては全くの不足です。

マブタはダイナミックな器官です。目の開く量は刻一刻と変わっています。学術的に瞳孔からの距離を何ミリと表現しても測定条件によってバラつきます。

自分で鏡を見ると右目が大きく見えるのに、ヒトに相対すると逆に左目が大きくなる、などのオカシナ現象も起きます。意識をして目を開けるときと自然にものを見るときとでも違います。近くを見る時と遠くを見る時も違います。

写真撮影では、フラッシュを炊くときと自然光でも違います。

そういう意味では「写真記録というのは様々な条件の中でホンの一瞬を切り取ったものにすぎない」のです。

一枚の写真はすべてを表現しているわけではないのですね。

(※特に先天性眼瞼下垂症に対する筋膜移植術は写真と実際の動きにはギャップが有ります。)

実際のモデル患者さんを見てみます

ある一定の明るさの部屋。「正面視、目を閉じる、下方視、上方視、強く目をつぶる、強く目を開ける、目を閉じてまゆを持ち上げる」動作をしています。

合間にかいま見える正面視いずれもが、その患者さんにとっての「まぶたの開く量」と言えます。自然な瞬きも大事な要素です。

眼瞼下垂症啓発目的に写真動画を使用することを承諾頂きました。ありがとうございました。(埼玉県の患者様)

(2017年10月16日、加筆修正)

追伸

特に先天性(生まれつきの)眼瞼下垂症に対する筋膜移植術は写真と実際の動きにはギャップがあります。筋膜移植術を検討し、写真を参考にする場合は

  • 正面視
  • 目を閉じたところ
  • 下を見たところ

もあらかじめ確認できるとより良いでしょう。

ゆう
自分で鏡を見る時とスナップ写真をいきなり取られた時の目の開き具合のギャップに気づいたことはありませんか?全然違いますよね。そして!ウェブで見られるビフォーアフターの写真もほどほどに参考にしてね。

(2015年9月15日 加筆修正)

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG