まぶたに埋まりこんだコンタクトレンズで眼瞼下垂に

コンタクトレンズをする女性

Case report: Unexpected cause for eyelid swelling and ptosis: rigid gas permeable contact lens migration following a 28-year-old trauma

PDF

まぶたの中にコンタクトレンズが28年間も埋まったままだった

MRIで嚢胞が観察される

MRIで嚢胞が観察される

摘出されたコンタクトレンズ

摘出されたコンタクトレンズ

出典:BMJCaseReportより

  • まぶたの腫れと眼瞼下垂(まぶたの下がり)が起きた42歳の女性
  • 原因はまぶたの中に埋まったコンタクトレンズだった
  • 28年前にまぶたを打撲(バドミントンのシャトルコックが当たった)し、コンタクトレンズを紛失したと思っていた
  • MRI断層写真でまぶたに嚢胞(袋状のもの)が観察された

無事に摘出されたそうです。摩訶不思議なことが起こるものですね。

まぶたへの衝撃でコンタクトレンズがまぶたの裏の結膜を破って埋まったのです。

ハードコンタクトレンズの縁って硬くてシャープですよね。一方結膜は柔らかいです。そう言われればありうる話です。

まぶたの中に人工物

実は医療の一環で異物(人工物)を入れることはあるのです。

  • ゴールドプレート
  • ナイロンの糸
  • ゴアテックスなどの医療用特殊素材

などです。※まれに異物反応(異物を排除しようとする炎症反応)を起こすこともあります。

これらの素材をまぶたの中に埋める場合は滅菌処理を行います。さもないと感染(化膿)を起こすからです。

滅菌されていない異物も案外受け入れてしまうのが「まぶた」

箸の先が埋まって数週間経過した患者さんを診たことがあります。

「喧嘩をして気づいたら箸先が折れて紛失していた。。。。ひょっとしたら、、、、」

手術で摘出しました。感染を起こさなかったのが不思議😳

実はこのようなケースは稀に報告されます。「まぶたに異物があったら感染を起こすはず」ということはないようです。

あなたは「コンタクトレンズ」を紛失したことはありませんか?

 

 

 

 

コンタクトレンズをする女性

まぶた治療を考えている女性限定メール講座


眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」
世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

ABOUTこの記事をかいた人

このサイトの管理者。まぶたのトラブルを解決することで、1人でも多くの患者さんの人生を豊かにしたい!」との想いで、この個人サイトを立ち上げました。我流のウェブサイトの運営はトラブル続き( ; ; )頑張ります! プロフィールをもっと詳しく