まぶた治療に特化した形成外科専門医が作った眼瞼下垂情報

眼瞼下垂の各種術式(挙筋前転、切らない眼瞼下垂、眉下切開、ミュラータック)の特徴(利点、欠点)を一覧で比較

こんにちは、形成外科専門医の金沢です。
「切らない眼瞼下垂手術ってなあに?」
最近よく聞かれる質問です。まぶたの裏(結膜側)から糸を通す術式です。まぶたの表の皮膚に切開縫合線の痕が残りにくく、ダウンタイムが短いメリットがあります。
一方、切らない下垂手術の術後修正を求めて受診される方も今までに5名ありました。修正には皮膚切開が必要です。それぞれの術式について、複数の視点から比較・検討します。

眼瞼下垂の各種術式について各項目ごとに比較

ダウンタイムだけでまぶたの術式を比較検討していませんか?

ダウンタイムが短いことは言うまでもなく望まれる要素。一方、後戻りの頻度やその修正手術の難易度も、それぞれに異なります。それらも含めて術前に検討する必要があります。

「この術式が絶対的に優れている」というものはありません。

患者さんのまぶたの状態や気持ち、生活環境などにより、適した術式が選択されます。皮膚切開に抵抗のある人もいれば全く抵抗のない人もいます。

以下は私個人の見解です。担当する医師の知識・技量により、結果はばらつきます。あくまで「一般の形成外科専門医が担当した場合」のものとご理解ください。

眼瞼下垂手術比較表

挙筋前転法ミュラー筋前転法上眼瞼リフト切らない眼瞼下垂手術経結膜眼瞼下垂手術
別の言い方腱膜固定ミュラータック眉下切開 埋没式下垂手術
手術時間40分〜120分60分〜120分40分〜90分15分〜30分30分〜60分

経皮的アプローチを併用すればその分伸びる

執刀する医師数多い少ない中くらい少ない少ない
ダウンタイム普通
腫れ普通少ない少ない
後戻り少ない普通普通多い普通
再手術の難易度平易困難平易困難困難
微調整平易困難中くらい困難困難
ミュラー筋損傷なしありなしありあり
適応症例限定なし限定なし限定される限定される中等度

*参考までに、重瞼術(ふたえにする手術)の場合。

注意:これは眼瞼下垂の手術ではありません。
挙筋前転法重瞼術埋没法重瞼術切開法
別の言い方腱膜固定 瞼板法、挙筋法
手術時間40分〜120分10分〜40分30分〜50分
執刀できる医師数多い多い多い
ダウンタイム普通
腫れ普通
後戻り少ない多い普通
再手術の難易度平易平易平易
微調整平易困難普通
ミュラー筋損傷なし挙筋法はありなし
適応症例限定なし限定される限定なし

追記

眼瞼下垂手術やふたえ手術で、「切らない術式」を選択し、結果が思わしくない場合は皮膚切開を用いて修正する必要が出てくるケースが多いです。

したがって、「切らない」手術を受ける際も、もしかしたら「切る」手術が必要になるかもしれない可能性を十分に覚悟する必要があります。

最後に

こんな術式もあるよという情報がありましたらご連絡くださいませm(_ _)m。

 

眼瞼下垂完全ガイド

「完全ガイド」メール版(無料)

公式LINE版はこちら!(無料)

なぜ眼瞼下垂治療で失敗してしまうのか?20年以上の経験から紡ぎ出された対策です。

そして情報収集の旅もここで完結です。

特典:筆者の手術体験記、本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワード、手術併発症リスト(PDF)
眼瞼下垂各種術式の比較
最新情報をチェックしよう!