眼瞼下垂症治療でドライアイが治った?それって逆じゃないの?

金沢です。

「本日の最高気温は31度の見込みです」

とニュースで見るとほっと安堵するほどの猛暑にさらされる日本列島ですね。

ここ埼玉県も暑いです。

「沖縄に避暑に行く」

なんてのも冗談ではなくなりつつあります。

脱水にはくれぐれも注意を。

ところで、乾燥して困ると言えば「常に潤っているはずの目」です。点眼薬を日頃持ち歩くヒトも多いでしょう。

日常の形成外科診療で、

「眼瞼下垂症手術をしてからドライアイの症状が改善した。」

という声を良く聞きます。

一時的に流涙と表現すべきほど涙が多くなる人もいます。(目やにが多くなる人もいます。半年ほどで落ちつきます。)

マブタが開くようになれば目が乾きそうですが、逆の効果ですね。

眼瞼下垂症手術によって、

涙腺の活動性が高まる(涙腺の血流上昇、副交感神経が優位になるなど)、

涙液の排出路が狭くなる(術後の腫れのため)

などが考えられます。

尚、眼瞼下垂症手術では涙腺には少しだけ触れます。


(2015年7月8日 加筆修正)

CTA画像

眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではありません。

”他院でどんなトラブルが起きているのか?”も含めて、より一層踏み込んで解説します。

また、担当医(執刀医)選びを誤ったら全てが台無しになります。間違いのない担当医の選び方を伝授します。

無料メール講座

教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。

最新情報をチェックしよう!