眼瞼外反(がいはん)の手術手技はたくさんある。一発で治る手技がないからだ。

こんにちは、金沢です。

まぶたの痙攣がある人は下まぶたを下に引っ張ると症状が改善することもあるよ
下まぶたがあっかんべーになることを眼瞼外反といいます

眼瞼外反(がんけんがいはん)症の治療の紹介

下まぶたが「あっかんべー状態」になります。下まぶたの赤い結膜が露出して空気に触れます。

放置すると

  • 痛み、違和感
  • 流涙、ドライアイ(瞬目が機能しない)
  • まぶた結膜の傷害
  • 眼球表面の傷害

加えて、見た目が痛々しい。。。。

下まぶた外反症の原因としては、

  • 加齢性
  • 顔面神経麻痺
  • 内反症手術の合併症
  • したまぶたたるみ取りの合併症

などが挙げられます。

受診する診療科は?

眼科もしくは形成外科です。

重度な眼瞼外反には以下の手術を組み合わせます。

  • 瞼板全層横方向短縮と皮膚の吊り上げ
  • 眼輪筋の眼窩外側縁骨膜への吊り上げ固定(lateral canthopexy)
  • 下眼瞼牽引靭帯(lower lid retractor)の瞼板への付け替え
  • 瞼板の眼窩外側骨膜への固定
  • 軟骨移植
  • 筋膜移植
  • 皮膚移植

これらの手技を症例に合わせて組み合わせます。

これだけの手術手技があるということは、一つの手技でバシッと治る治療法がないことを意味します。

つまり、難しい手術ということです。

術者にとってもストレスになる手術です。上の手技をフルコースでやれば成功率は高まるでしょうが、当然患者さんの犠牲がおおきくなりますよね。最小限の犠牲で治したいです。

[voice icon=”https://manabuta.jp/wp-content/uploads/2017/05/c14176b8e7bba9b67e7f617482a24926.jpg” name=”かなざわ” type=”l”]残念ながら、最小限の手技で綺麗に一発で治す保証はありません。。。[/voice]

実際のモデルケースです

下眼瞼外反賞の治療後
下眼瞼外反症の治療

姑息的にテープ固定して下まぶたを支える方法もあります。

しかしそれも限界に達した齢80代の患者さんです。

  • 瞼板全層横方向短縮と皮膚の吊り上げ
  • 眼輪筋の眼窩外側縁骨膜への吊り上げ固定(lateral canthopexy)
  • 下眼瞼牽引靭帯(lower lid retractor)の瞼板への付け替え

を行いました。

正直大変でした!なかなが下眼瞼が内側に回ってくれない・・・矯正が困難であることから経過が長かったことが予想されます。

眼瞼外反でお悩みのかたのために、写真を使用することを承諾いただけました。心より感謝申し上げます。(静岡県の患者さん)

 

 

CTA用眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではありません。

”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

”そもそも眼瞼下垂の予防法はないのか?”

さらに踏み込んだ内容を形成外科専門医が説明します。

教室をのぞいてみる

教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。

下眼瞼外反賞の治療後
最新情報をチェックしよう!