腱膜固定法は挙筋前転と違う?

良くある質問

「腱膜固定は挙筋前転法(きょきんぜんてん)ですか?」

「腱膜固定は挙筋短縮(きょきんたんしゅく)と違いますか?」

混乱しやすいワードです。

腱膜固定は、眼瞼下垂症手術の中で行われる手術操作の一つです。腱膜のつながりのゆるみがあり、挙筋が後退していれば挙筋を前転して固定することになります。

したがって挙筋前転法のなかに腱膜固定という操作が入ります。

いわゆる「腱膜固定術」は「眼瞼下垂症手術挙筋前転法」と同じ意味で使用されることが多いです。

一方、挙筋短縮とは・・・

眼瞼挙筋そのものを長軸方向に切り取り短縮する手術操作です。
のびたパンツのゴムを切り取って張力を復活させるというコンセプトです。

当院では行っておりません。理由はまた後日説明します。

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG