腱膜固定術|眼瞼下垂症

こんにちは、金沢です。

 

わたくしが行っている眼瞼下垂症手術は腱膜固定術を基本としています。

 
眼瞼下垂症に対して挙筋腱膜を瞼板へ固定する(腱膜固定術)を行います。
眼瞼挙筋のチカラを漏れなく瞼板へ伝わるようにします。

その際にまぶたを持ち上げるための各種抵抗成分を処理(腱膜外角の切離、下位横走靱帯切除、眼輪筋切除など)します。

ミューラー筋(瞼を持ち上げるための生理学的な反射弓に必要な知覚を有する)に触れず、瞼板前組織の郭清を極力行わない(再手術を想定しています)ようにします。
眼瞼挙筋の遅筋を収縮させるための反射弓を復活させることが目的のため、挙筋の前転量は控えめになります。

以上が術式の特徴になります。



>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG