眼瞼下垂症問診票|眼瞼下垂

こんにちは。金沢です。

皆さんの効き目は右目ですか?左目ですか?

右目左目を交互につぶって見てください。
実は左目で見る世界と右目で見る世界は結構ずれています。

自分が見ていると思っている世界に一致する映像を見ている方が効き目です。
詳しい診断法は問診票に。

まぶたの相談で受診される患者さんには眼瞼下垂症問診票の記入をお願いしていますが、

 

利き目診断を入れました。

右目が利き目のヒトが多いようです。

問診内容がとても多いです。
ご面倒をおかけしますがご協力よろしくお願いします。
私の手作り問診票なので至らない点が多く、改善を必要とします。
これからも少しずつ内容を更新します。

リンク先のPDFファイルを出力し記入して持参していただけると、皆さんの疲労が減らせられると思います。

それでなくとも初診時は病院の受付システムから、診療の流れなど分からないことだらけでクタクタでしょう?
大きな病院はその点がストレスが多くて不便ですね。

 

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG