まぶた治療に特化した形成外科専門医が作った眼瞼下垂情報

眼瞼下垂症手術の上眼瞼リフト(眉毛下皮膚切除)のきずあと

眼瞼下垂症手術の治療手段の一つにある「上眼瞼リフト」(眉毛下皮膚切除)

眉の下(もしくは上)の厚い皮膚を切り取り、まぶたを持ち上げる手術です。眉下皺取り術、眉下切開法、眉毛下皮膚切除術などとも呼ばれます。通常の眼瞼下垂症手術の後に提案されることもあります。まぶたの前葉の下垂に対する術式です。

上眼瞼リフトのメリットは?

(1)厚ぼったいまぶたがスッキリする

(2)顔の印象を大きく変えない

(3)ダウンタイムも通常の眼瞼下垂症手術より短期間で済む

ことが挙げられます。

上眼瞼リフトの適応は・・・・

(1)まぶたが厚ぼったい上に、皮膚がたるんでいる。

(2)眼瞼挙筋の上眼瞼(後葉)を持ち上げる機能が残っている

ヒトです。通常の眼瞼下垂症手術(挙筋前転、腱膜固定)を行った後、皮膚のたるみが強く残った場合も適応になります。

さらに

(3)眉下のきずあとが残ることを受け入れられる

ことが必要条件です。女性はメークをすることができますが、男性は眉メークをしないので瘢痕(きずあと)が露出します。客観的に見て目立つ瘢痕にはなりませんが・・・

今後の上眼瞼リフトの課題は・・・

  • 上まぶたの内側(鼻側)の余剰皮膚をいかに綺麗に切り取るか
  • 術後に眉が下がることが多いため、その分の皮膚は垂れ下がります。結果、一回目の手術では物足りなさを感じることもあります。
  • 眉が下がりすぎるのを許容できないヒト(特に女性)は眉毛上皮膚切除を適応するか?

です。

眉尻側はきずあとが眉毛に隠れるので目立たないですが、内側(鼻側)のきずあとは露出します。

術後に眉毛下垂がある程度起こります。内側に皮膚が余って溜まり、横じわになります。これを上手に形成する必要があります。

一方、目と眉が近くなると険しい表情であると認識されることも有ります。女性は眉を上げたほうが優しい雰囲気になるので眉上皮膚切除を考慮してもよいかもしれません。

なお、ふたえの谷間に切開線を置く従来通りの眼瞼下垂症手術のアプローチももちろんあります。(それはそれで課題もあります)

関連記事:『通常の眼瞼下垂手術か、上眼瞼リフトか?どちらが良い?』

眼瞼下垂症、眉下切開の上眼瞼リフト 術前術後の写真
眉下切開の上眼瞼リフト
眉を持ち上げて、上眼瞼リフトきずあとを見せる写真。
上眼瞼リフト傷あと。わざと眉を持ち上げています。

眼瞼下垂症治療の発展、啓発目的での写真動画使用を承諾頂きました。ありがとうございます。(埼玉県の患者様)

追伸

丁寧に皮膚を縫合するので、手術に要する時間は通常の眼瞼下垂症手術と変わりないです。

また、上眼瞼リフトでもおでこの緊張がゆるみ、眉の位置が下がります。結果、それ相応に皮膚のかぶさりが再び生じます。これは動画を見て頂ければよく分かります。

(参考)

上眼瞼形成術:眉毛下アプローチ 林寛子 PEPARS No.87:59-66,2014

上眼瞼形成術:拡大眉毛下皮膚切除術 一瀬晃洋 PEPARS No.87:67-72,2014

 

(2015年6月11日動画追加)

(2015年7月1日加筆修正)

眼瞼下垂完全ガイド

「完全ガイド」メール版(無料)

公式LINE版はこちら!(無料)

なぜ眼瞼下垂治療で失敗してしまうのか?20年以上の経験から紡ぎ出された対策です。

そして情報収集の旅もここで完結です。

特典:筆者の手術体験記、本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワード、手術併発症リスト(PDF)
上眼瞼リフトのきずあと
最新情報をチェックしよう!