瞼板前のミュラー筋


cc licensed ( BY NC SA ) flickr photo shared by Brandon Koger

「瞼板前ミュラー筋の存在が眼瞼けいれんや様々な愁訴に関与している」

第56回日本形成外科学会総会が新宿で開催されました。

信州大学から報告されました。

(ミュラー筋と瞼板との関係についての解剖はkakizakiらによって報告されています。)

「約3割のヒトに認められる瞼板前ミュラー筋がマブタに関連する愁訴に関わる」というモノです。

通常の眼瞼下垂症手術で改善しないけいれんや愁訴(かたこり頭痛、不安障害、不眠など)に対して新たな治療の可能性が示されました。




 

CTA用眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではありません。

”他院でどんなトラブルが起きているのか?”

”そもそも眼瞼下垂の予防法はないのか?”

さらに踏み込んだ内容を形成外科専門医が説明します。

教室をのぞいてみる

教室は7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけご覧になれます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。

最新情報をチェックしよう!