瞼板前のミュラー筋


cc licensed ( BY NC SA ) flickr photo shared by Brandon Koger

「瞼板前ミュラー筋の存在が眼瞼けいれんや様々な愁訴に関与している」

第56回日本形成外科学会総会が新宿で開催されました。

信州大学から報告されました。

(ミュラー筋と瞼板との関係についての解剖はkakizakiらによって報告されています。)

「約3割のヒトに認められる瞼板前ミュラー筋がマブタに関連する愁訴に関わる」というモノです。

通常の眼瞼下垂症手術で改善しないけいれんや愁訴(かたこり頭痛、不安障害、不眠など)に対して新たな治療の可能性が示されました。




>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG