まぶた治療に特化した形成外科専門医が作った眼瞼下垂情報

眼瞼下垂のフォローアップではこんな風に写真を撮ってます

「はい、下を見て」「そしてら視線を上に!」「はい、カメラのレンズを見て!」

眼瞼下垂治療で写真記録をします。形成外科医は数字を見ません😳。写真(動画)を見ます。

まぶたの動きの範囲を記録

視線を下に落とした状態から、最大限上を見たときに持ち上がるまぶたの縁の移動距離を見ます。ものさしで測る数字を「挙筋機能」と言います。(厳密にはミュラー筋や上直筋の機能も含まれます)。

というのは建前で、写真はそれだけでなく、様々な情報を記録しているのです。

  • まぶたの厚ぼったさ、窪みかた
  • 皮膚のたるみ加減、しわ、質感、色
  • ふたえのライン
  • 傷あと
  • 皮膚病変、皮膚のコンディション
  • まつ毛の向き
  • 眼球の位置(眼位)
  • むくみ度合い
  • 眼輪筋の緊張
  • 眉の位置

などを記録します。これらも圧倒的に必要な情報なのです。「黒目が何mm出てます」とか「MRDが2mmです」とか言われても、全く評価不能です。言語化できない情報も含まれますしね。

ざっくりどんな表情の記録を撮っているか、私の場合で説明します。以下の順番で写真をパシャパシャ撮ります。

(1)「カメラのレンズを見て」

文字通り正面視です。ニュートラルポジションです。

(2)「目を閉じて」

軽く目を閉じます。

(3)「目を開けて」

ニュートラルポジションに戻ります。

(4)「下を見て(視線を落として)」

下方視。眼瞼挙筋とミュラー筋、上直筋が緩んだ状態です。ここで大事なのは頭を動かさないことです。あくまで視線だけを下に落とすようにします。座った状態なので膝を見る感じです。

(5)「上を見て(視線を上に)」

上方視。眼瞼挙筋とミュラー筋、上直筋をフル動員した状態です。ここでも頭は動かしません!あくまで視線を上に。自分の頭にみかんが乗ってるイメージです。落とさないでください。

(6)「正面を見て」

ニュートラルポジションに戻ります。

(7)「目をぎゅっと強く瞑って」

強閉瞼(きょうへいけん)。眼輪筋をフル動員して目を絞り込むように閉じます。

(8)「目をギョロッと大きく開いて」

努力開瞼。視線は正面のまま、まぶたを大きく大きく見開きます。上まぶたは上に、下まぶたは下へ、目がこぼれ落ちんばかりに見開きましょう。

(9)「目を閉じて・・・・目を閉じたまま眉を持ち上げて」

まつ毛と眉の間を最大限に引き伸ばします。おでこの力をフル動員します。目を閉じたままだと意外に難しいですよ。

眼瞼下垂診療でとる写真
頭を動かさないこと!
眼瞼下垂診療で撮る写真
意外に難しい眉を持ち上げる動作

以上です。

なお撮影時は被写体とカメラとの距離があること(接近しすぎないこと)も大事です。

関連記事:『眼瞼下垂症の記録写真で使われるべき画角。スマホの自撮りはダメ。』

おまけ

写真を撮る際に患者さんにはレフ板を自分で持ってもらいます。大きな白いボードをお腹の前あたりにお盆を持つように地面に水平に保持します。顔に当たる光の偏りを均等にしてくれます。

 

CTA20230626

「完全ガイド」メール版(無料)

公式LINE版はこちら!(無料)

なぜ眼瞼下垂治療で失敗してしまうのか?20年以上の経験から紡ぎ出された対策です。

そして情報収集の旅もここで完結です。

特典:本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワード、手術併発症リスト(PDF)
眼瞼下垂診療での写真記録
最新情報をチェックしよう!