マブタに関するクイズです。

近頃、形成・美容外科に眼瞼下垂で相談にくるヒトが増えています。
眼瞼下垂とはマブタが垂れ下がってくることをいいます。老化によるモノとしてあきらめているか、そもそも自覚していないヒトが多いです。実は眼瞼下垂が及ぼす影響はとても大きいのです。視野が狭くなるだけではないのです。
次に記す文章は本当かウソか考えてみてください。

はじめは病態生理学です。

1  眼瞼下垂は肩こり、頭痛の原因になる。
2  眼瞼下垂になるとおでこの皺が増える。
3  眼瞼下垂は交感神経を刺激する。
正解は全部本当。
1 眼瞼下垂の治療を受けて肩こり頭痛が改善することが続出したのをきっかけに大学病院で研究が始まりました。
まぶたにおもりをくっつけると肩こり頭痛を起こすことができます。
2 眉を上げてマブタを持ち上げようとするので額に皺が寄ります。
3 身体が疲れやすくなります。眠りが浅くなります。

次は疫学です。

1  眼瞼下垂は女性に多い。
2  眼瞼下垂は10代から発症する。
3  眼瞼下垂の治療を受けている職種は医療関係者が最も多い。
正解は全部本当。
1 化粧する習慣など物理的にマブタを刺激するために マブタの老化を促しています。
2 生まれつき目が細いヒトや逆さまつげのあるヒトは肩こり頭痛を若いときからもちます。
3 もっとも口コミが広まりやすいから。多数の形成外科医自身がこの治療を受けています。
まだまだ知られていないマブタの世界の話題でした。

 

眼瞼下垂完全ガイド

「眼瞼下垂って放置するとマズい?眼瞼下垂手術の危険性は?」

あなたのカラダは乗り換えができない唯一かつ一生モノの乗り物。あなたのカラダの事を最大級に真剣に思ってくれるのは、あなた自身に他なりません。

\\まぶたはあなたの命//

無料で「完全ガイド」を手に入れる

LINE版はこちら!(4日間短縮バージョン)(無料)

515人の方が受け取り済みです。

「ネットでの情報収集に疲れた…」「大きなリスクを回避したい」と思う方は、上☝️のボタンから次のページへお進みください。

本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワー…

最新情報をチェックしよう!