マブタに関するクイズです。

こんにちは、金沢です。
近頃、形成・美容外科に眼瞼下垂で相談にくるヒトが増えています。
眼瞼下垂とはマブタが垂れ下がってくることを言いますが、老化によるモノとしてあきらめているか、そもそも自覚していないヒトが多いです。実は眼瞼下垂が及ぼす影響はとても大きいのです。視野が狭くなるだけではないのです。

マブタに関するクイズです。

次に記す文章は本当かウソか考えてみてください。

はじめは病態生理学です。

1  眼瞼下垂は肩こり、頭痛の原因になる。
2  眼瞼下垂になるとおでこの皺が増える。
3  眼瞼下垂は交感神経を刺激する。
正解は全部本当。
1 眼瞼下垂の治療を受けて肩こり頭痛が改善することが続出したのをきっかけに大学病院で研究が始まりました。
まぶたにおもりをくっつけると肩こり頭痛を起こすことができます。
2 眉を上げてマブタを持ち上げようとするので額に皺が寄ります。
3 身体が疲れやすくなります。眠りが浅くなります。

次は疫学です。

1  眼瞼下垂は女性に多い。
2  眼瞼下垂は10代から発症する。
3  眼瞼下垂の治療を受けている職種は医療関係者が最も多い。
正解は全部本当。
1 化粧する習慣など物理的にマブタを刺激するために マブタの老化を促しています。
2 生まれつき目が細いヒトや逆さまつげのあるヒトは肩こり頭痛を若いときからもちます。
3 もっとも口コミが広まりやすいから。多数の形成外科医自身がこの治療を受けています。
まだまだ知られていないマブタの世界の話題でした。




 

 
>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG