眼瞼下垂症手術を受けるのに適した季節は?

こんにちは、形成外科専門医の金沢です。

「眼瞼下垂の手術は冬がいいでしょうか?だって傷が化膿しにくい気がするのです」

一生に一度あるかないかの大イベント。満を辞して挑みたいですよね。

眼瞼下垂手術を受けるのに適した季節はあるのか問題

眼瞼下垂症手術スケジュールを検討する際、患者さんから

「手術を受けるのに適した季節はあるか?」

と良く聞かれます。

「暑いと化膿するのでは?」

「暑いときずが蒸れるのでは?」

結論から言うと季節は関係ありません

「夏は化膿しやすい」などということはありません。大丈夫。

手術翌日から洗顔、洗髪、シャワーも可能です。汗臭くなることもありません😅

創傷治癒(傷の治り)の観点から

季節は全く気にする必要はありません。

「冬は傷の治りが遅い」ということはありませんので心配無用です。

厳密には気圧の変化や、気温による肌の血流変化なども影響する可能性があります。

しかし、まぶたはもともと血流の良い組織です。人体で最も傷が治りやすい部位なのです。糖尿病、免疫を抑える薬を使用中など、傷の治りにハンディのある人でもよく治る部位なのです。

余談)人体で傷の治りの悪い場所は?…膝下です。実は夏には膝下の感染症(蜂窩織炎)が増えます。糖尿病、肥満などの基礎疾患のある人はリスクがあります。一方、冬になると脚の壊疽(組織が死ぬ)が増えます。これは血流障害です。動脈硬化のある人に起こります。

過ごし方の観点から

夏にお出かけする状況をイメージします。

今の日本の真夏は、35度越えは日常。日傘をさしてサングラス。

それでも顔がほてってきそうですね。その様な状況では傷が熱っぽく感じやすいかもしれません。

その様な状況が続けば、まぶたの腫れが退くのが遅れる可能性もあります。

極力外出を控えるか、ほてった時は冷やすと気持ちよく感じるでしょう。

一方、冬は…?

熱い湯船に浸かることは控えます。術後一週間は血の巡りがよくなることを控える必要があるからです。

顔がほてるくらい温まると、腫れが強くなるかもしれないのです。だからシャワーだけで我慢です。

「シャワーだけだと寒かった〜」

という感想を度々耳にします…

いずれにせよ、

夏冬いずれにしても対処できないということはなさそうですね。

あえて言えば春秋が過ごしやすいかもしれません(日本の春秋は短くなりましたが…)。

結論

自分の仕事やイベントの都合と照らし合わせて、ベストな時期を検討していただいた方が良いと思います。

あえて季節を選ぶとしたら、あなたはどの季節が良さそう?

 

 

 

眼瞼下垂完全ガイド

「眼瞼下垂って放置するとマズい?眼瞼下垂手術の危険性は?」

あなたのカラダは乗り換えができない唯一かつ一生モノの乗り物。あなたのカラダの事を最大級に真剣に思ってくれるのは、あなた自身に他なりません。

\\まぶたはあなたの命//

無料で「完全ガイド」を手に入れる

LINE版はこちら!(4日間短縮バージョン)(無料)

515人の方が受け取り済みです。

「ネットでの情報収集に疲れた…」「大きなリスクを回避したい」と思う方は、上☝️のボタンから次のページへお進みください。

本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワー…

夏か冬か?
最新情報をチェックしよう!