まぶた治療に特化した形成外科専門医が作った眼瞼下垂情報

眼瞼下垂の他院修正:術式を瞬時に理解することが必要

また私の他院修正本棚に1冊追加されました。挙筋腱膜とROOF(ある種の脂肪組織)との間をグルグル往復するナイロン糸。

頭の中が???となります。(今回は個人的見解の記事です)

他院修正の本棚

まぶた治療に専念して20年近く。まだまだ知らない世界があります。自分が体得した手術方法など数あるなかのひとつ。周りを見渡せば術式はいくらでもあります。

他医が執刀した手術の修正をするに当たっては、世間で行われている多くの術式(技術)をあらかじめ知っておくことが求められます。

それはなぜでしょうか?

それは、まぶたの手術前にあらかじめ分かることのほうが少ないから。そして実際にまぶたを開いてみてその時に初めて状況が見えるのです。

その時点で「ああこれはあの術式だな」と瞬時に分かること。

術式が分かればおおよそ「今」の状態を理解することができるから。理解できれば迷わずに手術を進行することが可能になります。

術式特有の合併症、トラブルがあるってわけ。

理解がないと1ミリずつ恐る恐る剥離する「牛歩手術」になってしまいます。

「だったらより多くの術式を勉強せよ」って思うでしょう?

しかしテキストで一生懸命に勉強してもまったく足りません。

現実には「テキストにない術式」の存在に翻弄されてばかりです。

そしてその術式に特異的なトラブルを理解し自分の辞書に書き加えて行く必要があるのです。

だから実直に経験を積み、「自分自身の他院修正の本棚」の本を増やしていくしかありません。

※修正手術は「瘢痕を剥離し、挙筋腱膜を固定し直す」のが目的ですが、口でいうほど簡単なものではありません。修正手術の前のコンディションに難易度が左右されます。前回までの術式に大いに依存するのです。

トラブルのバリエーション

例えばね。

昭和から平成初期の手術はリカバリーが大変。兎にも角にも組織切除が激しい。

眼瞼挙筋が切断されて引っ込んでいる(Missing aponeurosis)

イラスト見てわかりますでしょうか?眼瞼挙筋がまぶたにありません。眼窩に引っ込んでいます。

離断された挙筋腱膜
切り離された挙筋

そりゃー眼瞼下垂になりますよ。挙筋がまぶたを持ち上げられませんもの。まぶたを開いた時に挙筋が見当たらないとき。コレが一番困ります。小切開からの脱脂兼埋没法、全切開二重手術でもコレが起こります。

ちなみにコレが正常のまぶた

眼球の上を回り込んできた眼瞼挙筋がまぶたの縁に連結。眼瞼挙筋が収縮することでまぶたが引っ張り持ち上げられます。

正常のまぶた
眼瞼挙筋がまぶたを引っ張り持ち上げる

皮膚切開部が結膜と癒着してハム目(sausage eye)

二重の谷間(切開線)が瞼板や結膜と癒着しています。皮膚に穴を開けないよう慎重に剥離します。眼窩脂肪も大量に切除されているケースが多いです。二重の谷間を下方に作り直す必要があります。

ハム目
いわゆるハム目。

瞼板が水平方向(長軸方向)に細長く折れている

折れた瞼板
折れてしまった瞼板

まぶたの上がりが不足している時に頑張って挙筋を前転(引っ張り出す)しすぎるとコレが起こります。まぶたのとっての土台がひしゃげてしまうのです。こうなると二重の仕上がりは後日ということになります。

視点を世界にするとその外れ値も桁違い

身体を縫合するために使われる太い糸がまぶたからズルズルと10センチほど出てきたこともありました。瞼板が水平方向に切除されていたり(テキストにはありますが過去の術式)とか。

想定外のことに出くわすとプレッシャーが大きくなるとともに、患者さんに対してはベストを尽くすけども限界があるかもしれないという申し訳ない気持ちが生まれることもあります。

前医に対するマインドセット

しかし前医をディスリスペクトすることは決してしません。ここには私自身こだわりがあります。

彼らはその時点でベストを尽くしているわけ。そして自分の術式も10年後には「・・・・」と言われているかもしれないから。

私は粛々と他院修正本棚の本を増やします。そして次の患者さんの手術に備えます。

こういう言い方は失礼かもしれませんが、あなたが受けた(私が執刀した)手術は私の糧になり、次の患者さんに活かされるときがくるでしょう。

ちなみに私のまぶた治療に対するマインドセット(思考パターン)はここに記しています。

関連記事

「金沢先生の売り、特徴って何?」手術が上手いの?経験豊富だから安心なの?スペシャルな手技を持っているの?医師選びで迷っている患者さんからよく問われる命題です。はてさて、なんだろう?内省、自己分析しました。手術が上手下[…]

マインドセット

サイト内参考記事

頻度の高い、しかし難易度の高い修正手術。参考記事:『広すぎる二重(ふたえ)を狭く治す他院修正』

他院修正はお断りされることが多いです。その理由を解説。参考記事:『眼瞼下垂の他院修正手術はなぜ敬遠されるのか?執刀医視点で解説』

 

修正手術に挑む際の外科医の思考

外科医がどんなことを思考して戦略を練り、提案し、かつ術中に何を考えているか。一部を紹介します。

あとがき

他院修正勉強会を実施したいという思い。クローズな研究会でね。

「こんなの経験しました」というのを持ち寄る。。

修正手術は学術の世界で発表するのは困難。なぜなら患者さんの同意を得るのが難しいから。そして前医がディスリスペクトされたと誤解する可能性も。結果お蔵入りになる運命。

これって患者さんにとって不利益だと思うのです。

どうにか外科医の中で共有できないものでしょうか??

CTA20230626

「完全ガイド」メール版(無料)

公式LINE版はこちら!(無料)

なぜ眼瞼下垂治療で失敗してしまうのか?20年以上の経験から紡ぎ出された対策です。

そして情報収集の旅もここで完結です。

特典:本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワード、手術併発症リスト(PDF)
他院修正
最新情報をチェックしよう!