眼瞼下垂手術後のダウンタイムを最短にして、一刻も早く社会復帰する方法【2024年完全版】

眼瞼下垂術後の腫れの経過

内出血の経過

眼瞼下垂術後の紫斑
眼瞼下垂術後の紫斑

この画像の元記事はこちら

『眼瞼下垂手術後の出血斑(青あざ)は何日続く?抗血小板薬は休薬すべき?』(内部リンク)

管理人金沢のまぶた術後の経過

眼瞼下垂術後一日
翌日
眼瞼下垂術後1週間
7日後
眼瞼下垂術後3週間
術後3週間

 

元記事はこちら↓

note『医師自らが眼瞼下垂手術を受けた話』(外部リンク)

あとがき

もし医院が「腫れない」といったら虚偽の説明となります。どうか惑わされないようにお願いします。腫れは絶対にさけることができません。むしろその腫れを体験として味わうくらいの寛容さを身につけるほうが精神衛生上好ましいです。

注目してほしいのはまぶたの腫れだけではありません。頬も腫れてむくむのです(ほとんどの人は気づいていません)。頬の肌がピチピチになったと喜んでいたら結局もとに戻ったという話。

ほかにもどんな変化があるか注目してみてください。

 

公式LINE版はこちら!(無料)

なぜ眼瞼下垂治療で失敗してしまうのか?20年以上の経験から紡ぎ出された対策です。

そして情報収集の旅もここで完結です。

特典:筆者の手術体験記、本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワード、手術併発症リスト(PDF)