術後や外傷後のマブタのぴくぴく|眼瞼下垂症

こんにちは。金沢です。

cc licensed ( BY ) flickr photo shared by kelp

「手術後にマブタがけいれんする」

「眼瞼がピクピクして気になる!」

マブタの術後にマブタがピクピクする症状が出ることがあります。
術後一ヶ月程度から発症することもあります。

マブタ付近の怪我や眼瞼下垂症手術などの眼輪筋への侵襲により、眼輪筋を動かす神経が損傷されます。
この神経の枝は程なく再生して再び眼輪筋を動かすようになります。

その神経再生の過程で、配線ミスがおこります。
たとえば瞬き(瞬目:しゅんもく)をおこす神経が配線ミスを起こすと眉の近くの筋肉が一緒に動いたりします。またそれらによって筋肉の過緊張状態が作られます。

大なり小なり程度の差はあれ、多くのマブタ付近怪我やマブタ手術のヒトに生じていると思われます。
自覚しないヒトも多いです。

神経の配線ミスによる異常な運動は月日とともに改善します。

長期間待っても改善しないならばボツリヌス毒素注射(+リハビリテーション)が良いでしょう。

(2015年7月8日 修正)

>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG