術後のまぶたの腫れは合目的的かもしれない|眼瞼下垂症

こんにちは、金沢です。

まぶたの怪我や手術後に、まぶたがぷっくり腫れる現象

この腫れが社会生活を送るうえで大きなハンディになります。出来れば避けたいです。

腫れのメカニズム

これはまぶたに水分が多く貯まるために起こります。

蚊に刺されたり、怪我をして炎症を起こすと、血管内の水分や栄養分、細胞たちが血管の外へじわじわとしみ出てきます。細胞外のスペースに水分が貯留し、そのために腫れがおこります。

この「腫れ」のおかげで余計な出血が抑えられているかもしれません。

通常、血管が破綻すると出血しますが、局所に内出血が貯まったり、外から圧迫するなどして局所の内圧が上がると出血が治まります。

まぶたの皮下の組織はとてもルーズで、血管から染み出た出血成分は限定された場所にとどまらずに、さらさらと染み渡っていきます。
そのため、出血そのものだけでは局所の内圧が上がりにくいかもしれません。

だから、、、腫れてぱつんぱつんになったほうが出血が抑えられるのではないでしょうか?

そう考えると、「マブタの腫れは合目的的だった」と言えそうです。

眼瞼下垂症手術後にネットをかぶる
目の粗いネットを
眼瞼下垂症手術後にネットをかぶる
まぶたの上に湿らせたガーゼを乗せて
眼瞼下垂症手術後にネットをかぶる
顔をすっぽりネットで覆います

 

私たちの施設では術後の創部を軽〜く圧迫するために、濡らしたガーゼをマブタにあてて、うえからネットを被って(頭から顔全体)固定します。

こうすることで局所の内圧を「少しだけ」上げ、腫れの目的の一部を肩代わりさせます。
(強い圧迫は危険です)

そうすることで腫れや出血を抑えることが出来ると考えます。異様な風貌になってしまいますが我慢してくださいね。

(2015年6月30日修正)

 
>「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

「専門医が伝える、まぶた治療を安全に乗り切るための7つの最新情報」

眼瞼下垂がもたらす影響とそのメカニズムを知りたい人
治療のリスクとベネフィットを冷静に評価したい人

世界にひとつのまぶたスクールは7日間。
期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。
講師の金沢の個人的な体験、解釈、裏話を盛り込んでいます。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG