右か左、どちらかの眼瞼下垂

こんにちは、静岡市の金沢@静岡厚生病院です。

片側だけ眼瞼下垂になるケースもあります

 

眼瞼下垂術前の写真。右が下垂
右の眼瞼下垂を認める

 

眼瞼下垂術後の写真
眼瞼下垂術後

 

片側だけの下垂でもしょぼしょぼしているようなまぶしそうな表情になることがあります。
「両側」の手術適応か迷うことがあります。

この患者さんは左目が効き眼(優位眼)と診断しました。

そのため、右の手術で左目が下がってしまうこと(ヘリング効果)は出にくいと判断しました。
この患者さんは「右まぶた」だけ治療を行いました。
それだけでもまぶしそうな表情が改善しました(左の方がわずかにアンダーな傾向は残りました)。

もし右目が効き目(優位眼)ならば右まぶたの手術だけ行うと左まぶたが下垂してしまうかもしれません(ヘリング効果)。その場合は左瞼の治療も必要になります。

眼瞼下垂の啓蒙活動目的での写真使用を承諾していただきました。ありがとうございました。(静岡県の患者様)

 

>「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

「専門医による、まぶた治療をまじめに考える教室」

”まぶた治療のリスクと利益を冷静に評価したいですか?”
当然ですよね。やっぱり後悔したくないですからね。

”講師の金沢の本音を聞きたいですか?”
個人的な体験、解釈、裏話を盛り込みました。嘘偽りのない真実です。まぶた治療に誘導するものでもありません。適性のない人はむしろ治療をしない方向に誘導するくらいですよ。

まぶたスクールは7日間..期間限定の非公開症例写真は受講者だけに。

*受講資格の項目を満たす方のみが対象です。次のページで確認を。

CTR IMG