右か左、どちらかの眼瞼下垂

片側だけ眼瞼下垂になるケースも

 

眼瞼下垂術前の写真。右が下垂
右の眼瞼下垂を認める

 

眼瞼下垂術後の写真
眼瞼下垂術後

 

片側だけの下垂でもしょぼしょぼしているようなまぶしそうな表情になることがあります。
「両側」の手術適応か迷うことがあります。

この患者さんは左目が効き眼(優位眼)と診断しました。

そのため、右の手術で左目が下がってしまうこと(ヘリング効果)は出にくいと判断しました。
この患者さんは「右まぶた」だけ治療を行いました。
それだけでもまぶしそうな表情が改善しました(左の方がわずかにアンダーな傾向は残りました)。

もし右目が効き目(優位眼)ならば右まぶたの手術だけ行うと左まぶたが下垂してしまうかもしれません(ヘリング効果)。その場合は左瞼の治療も必要になります。

眼瞼下垂の啓蒙活動目的での写真使用を承諾していただきました。ありがとうございました。(静岡県の患者様)

 

CTA

「眼瞼下垂手術のリスクはダウンタイムだけではない」ってご存知ですか?

「術後血腫を生じた患者さんのその後の経過は?」「他院でどんなトラブルが起きているのか?」…興味はあってもなかなかそのような情報に辿り着けません。

\\1週間だけ集中して講座を受けてみませんか?//

メール講座のご案内はこちら!

「さらに詳しい情報をしっかり学んでみたい」「大きなリスクを回避したい」と思う方は、上☝️のボタンから次のページへお進みください。

本ウェブサイトの鍵🗝付きページへのパスワードも取得できます。

ヘリング効果術前
最新情報をチェックしよう!